TOP >> Library >> 各種事例 >> 会津中央病院ウエスト棟(W1棟・W2棟)
[issued:2010.07.06]

会津中央病院ウエスト棟(W1棟・W2棟)

免震事例(積層ゴム、鉛プラグ入り積層ゴム、すべり支承)

会津中央病院ウエスト棟は、建物の基礎部分に免震装置を設置した「W2棟(新築)」と、中間階に免震装置を設置した「W1棟(免震レトロフィット)」からなっており、2つの免震建物を接続して使用しています。


1. 

新築免震+免震レトロフィット


anchor flag

手前の建物:会津中央病院W2棟(新築免震)
右奥の建物:会津中央病院W1棟(免震レトロフィット)


anchor flag

地域の「災害拠点病院」として、地震時でも病院機能を維持するために、既存建物の耐震化が求められていました。そこで、改修工事の間も病院機能を維持でき、地震時には安心して利用できる「免震レトロフィット」が採用されました。
また、当初より既存建物の隣に新築の免震建物の計画があり、2つの免震建物をドッキングしてひとつにつなげる工法を実現しました。
それぞれの建物概要について、ご紹介します。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷