TOP >> Library >> 各種事例 >> 富士通(株)三重工場 300mm 1番館
[issued:2007.09.18]

富士通(株)三重工場 300mm 1番館

免震事例(MiC免震)

高い水準の微振動制御と免震による高い耐震性能を両立した、世界初の免震電子デバイス工場です。

建物名称:富士通(株)三重工場 300mm 1番館
建物種別:工場
所在地:三重県
工事種別:新築
竣工年月(西暦):2005年4月

anchor flag

 大規模地震への対策として考えられてきた免震システムの導入でしたが、2007年4月15日に発生した三重県中部地震においては、発生頻度が高い中小規模の地震でもその効果を発揮することにより生産の継続性を確保し、事業に与える損害を最小にできるということが立証されました。

anchor flag

富士通(株)三重工場 300mm 1番館

 高性能・高品質の半導体生産拠点として世界の最先端にある富士通株式会社 三重工場。その使命は最先端の半導体製品をタイムリーかつ安定的に供給することです。そのために、これまで極めて困難なこととされていた、「地震動と微振動を同時に制御可能な工場建設を」という要望が提示されました。2005年4月、当社がその要望を実現するMiC免震システムを開発・導入し竣工したのが、この富士通三重工場300mm(加工するウェーハのサイズ)第1棟です。2007年4月には同じくMiC免震システムを導入し、多層構造とした富士通三重工場300mm第2棟も稼動を開始しています。
富士通様の事業継続を支えるMiC免震の効果とは?ーその1ー

最先端の半導体工場で実証された中小地震での免震効果!富士通様の事業継続を支えるMiC免震の効果とは?

富士通様の事業継続を支えるMiC免震の効果とは?ーその2ー

最先端の半導体工場で実証された中小地震での免震効果!富士通様の事業継続を支えるMiC免震の効果とは?


大成建設の電子デバイスエンジニアリング

設計・施工はもちろん、プロジェクト全体のコーディネイトを行い、企画から試運転・メンテナンスにいたる施設づくりのすべてをお手伝いいたします。


anchor flag

建物概要

建物名称富士通(株)三重工場 300mm 1番館
建物種別工場
所在地三重県
工事種別新築
竣工年月(西暦)2005年4月
発注者富士通(株)
設計者大成建設(株)
構造種別S造
建築面積(m2)23,000m2
延べ床面積(m2)44,969m2
階数 (地下/地上/塔屋)0/2/1
適用技術名称MiC免震
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷