TOP >> Library >> 各種事例 >> 広島ビジネスタワー
[issued:2010.02.23]

広島ビジネスタワー

制震事例(TASMO)

建物名称:広島ビジネスタワー

2. 

建物の特徴


anchor flag

柱型のない広い空間を実現

「TASMO」*の構造が生み出す柱型のない広々とした空間により、最大で7分割までフロアーを分割することが可能になり、多種多様なレイアウトにも対応できます。

*「TASMO」=TAisei Smart suppression system with MOnitor
  剛性の高い壁柱に、これをつなぐ境界梁を鋼材ダンパーとして利用することで、高い耐震性能を実現した知的制振システムです。
知的制振システム TASMO

←TASMOの詳細については、こちらをご覧下さい。

anchor flag

細かな空調の調整が可能

標準プランでは18ゾーン分割の個別空調を採用しており、オプションで最大27ゾーンまで分割が可能です。
また、システム天井照明器具は、ルーバー・自動調光システムを採用しており、快適なオフィス環境を実現できます。
anchor flag

安全・安心の最新設備

最新の制振技術である「TASMO」の採用によって高い安全性を確保するとともに、常時「加速度計」と「ひずみ計」によってモニタリングを行うことで、建物の安全性向上と長寿命化を可能とします。
また、24時間の有人管理を行い、入退室は非接触型ICカードによるセキュリティシステムを採用し、扉の施錠やエレベータの不停止連動、セキュリティレベルの設定により、オフィスの安全性を確保できます。
anchor flag

環境へ配慮

低層部の駐車場部分では壁面を緑化し、屋上緑化を実施。広場にはミスト設備を配置し、外構の床材に浸透性のコンクリートブロックを採用することで、雨水の敷地内処理を可能とするなど、地球温暖化やヒートアイランド現象を防ぐための取り組みを行っています、 また、南画にコアを配置することで貸室の空調の負担を低減し、LEDや太陽電池を取り入れるなど、省エネルギー対策を実施しています。

壁面緑化


屋上緑化


ミスト設備


anchor flag

屋内自走式の駐車場

歴史的埋蔵文化財が多く出土する地域であり、太田川水系の下流域であることから、地下階の設置は回避し、市内に需要が多い「自走式駐車場」を低層部へ集約しました。また、駐車場の外装に壁面緑化を実施することで、日射による壁面の温度上昇を抑制し、駐車場フロアの壁面を出来るだけなくした開放的な構造により、ビル風などの影響を極力低減しています。


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷