TOP >> Library >> 各種事例 >> 霞が関コモンゲート(東館、西館)
[issued:2008.05.28]

霞が関コモンゲート(東館、西館)

制震事例(アンボンドブレース)

建物名称:霞が関コモンゲート(東館、西館)
建物種別:庁舎、事務所、商業施設
所在地:東京都
工事種別:新築
竣工年月(西暦):2007年10月

anchor flag

霞が関コモンゲート(東館、西館)


(竣工写真)




(現場撮影)

anchor flag

建物概要

建物名称霞が関コモンゲート(東館、西館)
建物種別庁舎、事務所、商業施設
所在地東京都
工事種別新築
竣工年月(西暦)2007年10月
発注者霞が関7号館PFI(株)
設計者久米設計・大成建設・新日鉄エンジニアリング設計共同企業体
構造種別S造、一部SRC造
建築面積(m2)13,556m2(施設全体)
延べ床面積(m2)132,253m2(東館)、118,713m2(西館)
階数 (地下/地上/塔屋)2/33/1(東館)
3/38/1(西館)
適用技術名称アンボンドブレース
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷