TOP >> Library >> FAQ >> 設計基準による被害の違い
[issued:2005.09.01]

設計基準による被害の違い


anchor flag

81年で設計基準が変わったといわれていますが、地震のときの被害に違いはあるのですか?




81年の建築基準法改正以後のものは、いわゆる「新耐震設計(基準)」といわれており、現在の基準のベースとなっています。
過去の地震の被害状況をみても、倒壊や崩壊などの大きな被害は、それ以前の「旧耐震」の基準で設計されたものに集中しています。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷