TOP >> Library >> FAQ >> 震度とマグネチュード
[issued:2006.05.15]

《耐震ネット:FAQ》

震度とマグネチュード


anchor flag

震度とマグニチュードはどう違うのですか?


■マグニチュードとは
 震源における地震エネルギーの大きさを表すのがマグニチュードです。
 マグネチュードは地震計の最大振幅などを用いて計算します。地震の大小は、断層運動によって放出されるエネルギーの大小によって決まります。したがってエネルギーが大きくなれば、マグニチュードも大きくなります。マグニチュードが1増えれば地震波のエネルギーは約30倍、2増えると約1000倍にもなります。

■震度とは
 震度は、地震による、ある場所での揺れの程度を表し、同じ地震でも地域によって異なります。
 以前は震度を体感や被害の状況を調べて判定していました。しかし現在では、震度計による観測値すなわち計測震度に基づく、機械的で、より速い判定を行っています。
 震度階は我が国では気象庁震度階級に基づき、従来は0?7までの8階級に分けていましたが、平成8年度に改正し、震度5と6を“強”と“弱”に分けた10階級に分類しています。


■マグニチュードと震度との関係
 地下で断層運動が起こると地震波が発生し、それによって私たちの立っている大地が揺れます。この地震の現象を原因と結果とに分けるとすれば、マグニチュードは原因の大きさを、震度は結果の大きさを表しているといえるでしょう。
 原因は一つでも、もたらされる結果は場所によって異なります。その関係は、電球の輝きの強さと、その周囲のいろいろな場所での明るさとの関係に似ています。同じ電球の光でも、電球の近くでは明るく、遠い場所では暗くなるように、マグニチュード7の地震でも、震源からの距離で震度は6であったり1であったりします。


地震を学ぶ

地震の活動期に入ったといわれる日本
このコーナーでは、地震発生のしくみ等の基礎知識から、現在想定されている切迫性のある地震はどこなのか等、日本の地震環境についてわかりやすく解説しています。

耐震診断と耐震補強を考える

建物の地震に対する強さを判定する「耐震診断」とそれを強化する「耐震補強」。
このコーナーでは、建物の「耐震性」について詳しく解説するとともに、最適な耐震補強プロジェクトのための専門知識としての「耐震診断」と「耐震補強」についての基本事項を解説します。


補強計画診断

ローコストかつスピーディに耐震性能評価を行い、耐震化プロジェクトにおける建物オーナーの方の素早い意志決定を支援します。

大成リアルタイム地震防災システム

気象庁が配信する緊急地震速報を利用して、地震による大きな揺れが到達する前に、様々な方法で警報を配信します。


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷