TOP >> Library >> 大成の技術 >> 地盤と建物の液状化対策
[issued:2012.03.14]

地盤と建物の液状化対策

液状化の発生には4つの条件が必要です。地盤性状の正確な分析で最適な対策を実施します。


1. 

液状化の原理と対策工法


anchor flag
anchor flag

液状化発生の原理
 


液状化のメカニズム

地盤の液状化は、
1. サラサラした砂が
2. ゆるく堆積し
3. 地下水が豊富な場所が
4. 強い地震動

を受けた場合に発生する現象です。
液状化は、これら4つの条件すべてが揃った時に発生するので、これらの条件のうち何れかひとつ以上に対して対策を行うことで発生を防ぐことが可能です。

anchor flag

液状化の対策工法

締固め工法のひとつ「サンドコンパクションパイル工法」の施工状況

締固め工法のひとつ「サンドコンパクションパイル工法」の施工状況


 
液状化に対する対策には

液状化の発生自体を抑える:地盤に対する対策
液状化しても建物の沈下や傾斜を抑えて、建物への影響を抑える:建物の基礎や杭への対策


の2つのアプローチがあります。
地盤液状化解析システム

構造物と液状化地盤の挙動をコンピューターで時々刻々追跡して、構造物の安全性と液状化対策の効果を判定します。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷