TOP >> Library >> 大成の技術 >> 大屋根工法
[issued:2006.04.10]

大屋根工法

大屋根工法による工場の再生

敷既存建物を覆う形で新たにフレームを新設し、施工期間中もラインの稼働を可能にした工法です。


anchor flag

大屋根工法は古い工場建物を覆うことで、既存生産ラインへは最小限の影響で、工場の補強やリニューアル、再構築を可能にする工法です。

anchor flag


補強のために一時屋根を撤去する等が必要な場合、内部への影響を最小限に抑えるために古い工場全体を覆う大屋根を架けて進める工法です。
解体作業も上部から行う等、ライン稼働への影響は最小限におさえることが可能です。

容積率や工場の配置計画等に支障がなければ、大屋根自体を新たな工場建物とすることも出来ますので、ラインを稼働させながら工場全体の再構築も可能となります。
また、その場合、古い建物の柱に適切な補強や改造を加えることで、新工場のクレーン用柱とする等の再利用も併せて計画することで、合理的/経済的な再構築計画を実施することも可能となります。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷