TOP >> Library >> 大成の技術 >> 新設フレーム工法
[issued:2006.04.10]

新設フレーム工法

新設フレームの設定による外部耐震補強


anchor flag

建物内部の補強が困難な場合に、外部に新に剛性の高い構造フレームを構築し接合することで耐震性を向上させる補強工法です。

anchor flag

新設フレーム工法とは


 内部での補強が難しい場合や、柱は梁等の既存の構造体に組み込む形での補強が難しい場合に、建物外部に新たに補強用のフレームを構築してそれと接合することで、全体的な耐震性を向上させる工法で、外部補強の一つです。

また、図のように複数の建物が並列しているときは、新設の外部フレーム(構造フレーム)をはさんで連結することも可能です。構造体として一体化することで、全体の耐震性を向上させます。

 ここに挙げた事例は工場建物の補強例となっていますが、RC(鉄筋コンクリート)造にも同様の工法適用は可能です。

2棟連結方式の新設フレーム工法


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷