レジリエンスの未来

[レジリエンスの未来5]新たな文明の基本コンセプトとしての「レリジエンス」

T

[レジリエンスの未来5]
新たな文明の基本コンセプトとしての
「レリジエンス」

災害の規模を大きくする根源的な理由は何か?そのリスクをリセットするすべとは?人類史、生命史、地球史といった大きな文脈の中で「レジリエンス」を“創造的な適応力”として捉える竹村真一教授がその本質を語る連載第二回目です。

[レジリエンスの未来4] New Normalな時代に求められる“創造的な適応力”

T

[レジリエンスの未来4]
New Normalな時代に求められる
“創造的な適応力”

巨大災害の頻発で、社会の「レジリエンス」が問われている昨今。「国連防災白書」のコンセプト・デザインも手がけ、地球感の文脈の中で「レジリエンス」を“創造的な適応力”として捉える竹村真一教授が本質を語る連載第一回目です。

[特集:経営戦略とBCM]BCMの国際標準化と日本企業のこれからの課題

T

[特集:経営戦略とBCM]
BCMの国際標準化と日本企業のこれからの課題

企業の「経営システム」の根幹としての位置づけから日本企業はBCMをどのように構築すべきか、インターリスク総研の篠原雅道さんに伺いました。

[特集:BCMに取り組む]急速に普及するBCMへの取り組みと日本型防災の限界

T

[特集:BCMに取り組む]
急速に普及するBCMへの取り組みと日本型防災の限界

特集:BCMに取り組む 第1回目は、インターリスク総研の小林誠さんに、BCMに対しする国内外の動向と国内企業の取り組みの状況、そしてこれからのBCMのあるべき姿について伺いしました。

[特集:次に備える2]ファシリティと業務の関係性から考える影響分析

T

[特集:次に備える2]
ファシリティと業務の関係性から考える影響分析

事業継続に取り組む最初の一歩、それが「業務停止に対する影響評価分析」です。
今回は、製造業を例に「ファシリティ」との関連性から影響度評価へのアプローチ方法を紹介します。

[レジリエンスの未来3]レジリエンスの未来に向かって

T

[レジリエンスの未来3]
レジリエンスの未来に向かって

いかにダメージを減らし、しなやかに回復復するか?BCMとの親和性や起点からストレッチした考え方など、レジリエンスの姿を多角的な視点で語り合います。

[レジリエンスの未来2]レジリエンスの向上とBCM

T

[レジリエンスの未来2]
レジリエンスの向上とBCM

「レジリエンスの未来」第2回目は、BCPから見たレジリエンスへの取り組みです。BCMの導入を通して業務の全体像を「見える化」することは、レジリエンスにも繋がる。そんな取り組み事例や考え方を名古屋工業大学 大学院の渡辺教授に伺いました。

[レジリエンスの未来1]レジリエンスの視点で日常を見直す

T

[レジリエンスの未来1]
レジリエンスの視点で日常を見直す

危機を契機とした、より能力の高い社会に生まれ変わるという意味を内包する「レジリエンス」。その視点での取り組みの事例や現在の課題、今後必要なことなどについて、名古屋工業大学 大学院工学研究科社会工学専攻 教授 の渡辺先生に伺いました。

日本企業のレジリエンスと事業継続性

T

[特集:レジリエンス]
日本企業のレジリエンスと事業継続性

日本企業のこれからを考える上で重要なキーワードとなってきた感のある「レジリエンス」。そのあるべき姿について、これからどのように取り組んでいけばいいのかなどについて、インターリスク総研の小林主席研究員に話を伺いました。