レジリエンスの未来

2015.3.14 フューチャーセッション「レジリエンスの未来6 in仙台」開催レポート

開催概要

開催日時 2015年3月14日(土) 14:00~18:30
会場 AER TKPガーデンシティ仙台 ホールC
(宮城県仙台市青葉区中央1-3-1
AER 30階)
主催 大成建設株式会社
協力

株式会社フューチャーセッションズ

一般社団法人企業間フューチャーセンター

京都造形芸術大学外苑キャンパス
Planetary Design 講座(竹村真一教授)

石巻専修大学「復興ボランティア学」
プロジェクト

Community Crossing Japan
当日のプログラム
14:00 - 14:30
1. チェックイン~問いの共有~
14:30 - 16:30
2. 多様な知識の集約
16:30 - 17:00
3. 新しいビジョン創造
17:00 - 18:00
4. プロトタイピングする
18:00 - 18:30
5. アクションを生み出す

「レジリエンスの未来6 in 仙台」開催にあたって―

フューチャーセッション「レジリエンスの未来」は、これまで参加者同士の対話を通じてレジリエントな社会の姿を創造し、実現に向かうための協調アクションを生み出していく試みに挑戦してきました。
そして、初の開催からちょうど1年目となる2015年3月14日。「レジリエンスの未来6 in 仙台」が第3回国連防災世界会議のパブリックフォーラムとして、仙台の地にて開催されました。
これまでにアウトプットされた成果をベースとして、被災地の現場で取り組まれている方々や未来のステークホルダーである多様な参加者の皆さんとともに、新たなレジリエンスビジョンとアクションプランを世界に向けて発信しました。


今回のセッションは「レジリエンスの未来」の集大成であるとともに、第3回国連防災世界会議のパブリックフォーラムとして仙台から世界に向けて情報発信されました。

[第1部] チェックイン ~問いの共有~
―レジリエンシーの高い未来社会の創造に向けて―

ビジネスパーソンからNPO関係者、行政など、産官学民から多様な参加者に加え、石巻専修大学で「復興ボランティア学」を学ぶ学生や教育関係者の方々も参加し、75名での対話という大きなセッションとなりました。
スタートにあたり、大成建設耐震推進室の小野眞司部長からこれまでの振り返り、当日のセッションの方向性の説明がありました。

小野部長:国連防災世界会議でも大きな注目を集めている“レジリエンス”。過去5回のフューチャーセッションやレジリエンスカフェ、プラネタリーデザイン講座と連携することで、私たちがレジリエンスの高い社会を構築するには普段の生活、つまり「日常」の中にその源があるのではと考えるようになりました。また、マンション防災に取り組むコミュニティクロッシングジャパンや、石巻専修大学の復興ボランティア学講座、文京区いきぬきプラットフォームなど新たなパートナーシップも生まれてきました。
こうした活動を通じて私たちは、レジリエンスという言葉に含まれる“創造性”を災害への対応だけでなく、社会を構成している人たちの暮らしや企業、そこでの働き方、インフラなど社会そのものに関連付ける必要があるのではないかと思うようになりました。


問いかけ人:小野眞司
大成建設 ライフサイクル推進部 耐震推進室 営業部長

今、私たちの社会はレジリエントなのでしょうか?
この社会を、そのまま次世代の子どもたちに引き継いでいってもらってもいいのでしょうか?
(これはこの後ご講演をいただく竹村先生の言葉ですが)今、私たちは、次世代につなぐべきバトンを落としかけているのではないでしょうか?
そのバトンをしっかりと握り直すことがレジリエンスの未来を創っていくことになるのではないかと、多様な方々との結びつき・連携によって気づくことができました。「レジリエンス」とは、まさに危機をきっかけにして「今」を見直し、「新しい未来を創っていく」ということなのでしょう。

今日はさまざまなセクターの枠を超えて、未来のステークホルダーが結びついて創りあげる「共創」と、自発的な行動やアクションである「創発」を生み出し、落としかけたバトンをふたたび握り直すきっかけの日にしたいと思います。
これまで開催してきたフューチャーセッションの集大成として、また、これから始まる次へのステップのスタートとして、私たちはどのような「レジリエンスの未来」を次の世代に残さなければならないのかを考え、これまでの延長線上ではない未来への贈り物としての「レジリエンスの未来」を創造したいと思います。

続いてフューチャーセッションズの野村さんより、当日の進行や意義、コンセプトについてのお話がありました。

野村氏:これから前回までのフューチャーセッションに関わった9つのチームによるレジリエンスプロジェクトを紹介していただきます。今日の大きな狙いはプロジェクトの先にあるレジリエントな社会をこの場で描き出すことにあります。ご紹介いただくプロジェクトをそのインスピレーションとして、プロジェクトの中にある「本当に解決したい本質的な課題」は何か、目指しているレジリエントな社会はどのようなものなのかを受け止めていただければと思います。

さまざまな立場の方々と話し合い、仲間となり、同一テーマのもとで一緒にアクションを起こしていこうというのがフューチャーセッションの特徴です。今日は、私たちが理想とするレジリエントな社会を創造しましょう。そこからバックキャスティングして、企業が、行政が、私たち一人ひとりがいかに行動すれば、そのレジリエンスの高い未来社会を作ることができるのかを考えていきましょう。


ファシリテーター:野村 恭彦氏(イノベーション・ファシリテーター)
株式会社フューチャーセッションズ 代表取締役社長
K.I.T(. 金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授
国際大学GLOCOM 主幹研究員