TOP >> このサイトについて >> 「耐震ネット」ユーザー利用規約
[issued:2005.09.01]

「耐震ネット」ユーザー利用規約


anchor flag
第1条(規約の適用)
大成建設株式会社(以下「大成建設(株)」という)が運営するホームページ「耐震ネット」において利用ユーザーとして登録された方(以下「利用ユーザー」という)は、利用規約(以下「本規約」という)に基づき、大成建設(株)が耐震ネットを通じ、利用ユーザーを対象として行う各種提供サービス(以下「本サービス」という)を利用することができるものとします。

第2条(規約の遵守)
ご登録後は、本規約に従って本サービスをご利用いただくことになりますので注意してよくお読みください。

第3条(規約の変更)
本規約の内容は、必要に応じて変更することがございますが、その都度みなさまにご連絡はいたしかねますので、ご利用の際には本ページに掲載されております最新の利用規約をご参照ください。

第4条(利用ユーザー登録)
利用ユーザー登録の際はお申し込みフォームにご自身に関する真実かつ正確なデータを入力し、送信していただきます。
大成建設(株)は利用ユーザー登録申し込みを承諾しないか、あるいは承諾後であっても承諾の取り消しを行うことがあります。

1)申込者が虚偽の事実を申告したとき
2)大成建設(株)と利益が競合する企業または法人に所属していると判断したとき
3)その他、大成建設(株)が利用ユーザーとして不適当と判断したとき

第5条(利用ユーザー情報の更新)
上記の登録データが常に真実かつ正確な内容を反映するものであるように適宜修正していただきます。
万一上記に違反した場合、または真実かつ正確なデータが提供されていないと大成建設(株)が判断した場合には、大成建設(株)は当該利用ユーザーのIDを削除し、将来にわたってサービスを利用することをお断りする場合があります。

第6条(ID・パスワードの管理)
IDならびにパスワードの管理責任は利用ユーザーのみなさまにあります。またIDならびにパスワードを利用して行われた行為の責任は当該IDを保有している利用ユーザーの責任とみなします。
万一、許可なく自分のIDが利用された場合、またはIDならびにパスワードが第三者に漏洩してしまった場合には、ただちに耐震ネット事務局(seismic@msd.taisei.co.jp)にご連絡ください。耐震ネットはIDならびにパスワードの漏洩、不正使用などから生じた損害についてはその責任を負わないものとします。

第7条(利用ユーザーの責務)
利用ユーザーのみなさまが、耐震ネットを媒体として他人に掲載、開示、提供または送付するコンテンツに関する責任は、利用ユーザーのみなさま自身が負います。
大成建設(株)は利用ユーザーのみなさまに代わって責任を負うことは一切ございませんし、利用ユーザーのみなさまがサービスを媒介として他人に掲載、開示、提供または送付されるコンテンツを管理したり、その内容の信頼性、真実性、適法性を保証したりすることは一切ございません。

第8条(禁止事項)
利用ユーザーは、耐震ネットを利用するにあたり、次の行為を行わないものとします。

1. 自らのユーザー名、パスワードを公開する行為
2. 第三者の著作権を侵害する行為
3. 他人を誹謗または中傷したり、名誉を毀損する行為
4. 他人の財産やプライバシーを侵害する行為
5. 有害なコンピュータープログラム等を送信、または書き込む行為
6. 公序良俗に反する情報、文書、図形等を本サービスを利用して公開する行為
7. 国内外の他のネットワークを経由して通信を行う場合、経由する国内外のネットワークの規則に反する行為
8.その他耐震ネットの運営を妨げるような行為
9. その他法令に違反し、または違反する恐れのある行為

第9条(利用ユーザーID等の削除)
上記禁止事項に違反したり、大成建設(株)が必要と判断した場合には、大成建設(株)は利用ユーザーID、パスワード、アカウントを削除し、サービスの利用を禁止し、サービス内のコンテンツを削除する権利を有しています。また、大成建設(株)は、当該利用ユーザーのID、アカウント等を無効とし、関連する情報や保存しているファイルを削除するとともに、当該利用ユーザーが将来にわたって、当該情報、ファイルおよびサービスにアクセスすることを禁止することができるものとします。この場合、大成建設(株)はサービスの提供中止に関し、当該利用ユーザーおよび第三者に対して、損害の賠償その他の一切責任を負わないものとします。

第10条(利用ユーザー情報の扱いについて)
耐震ネットは利用ユーザーの情報を取得することにより、更にご満足いただけるコンテンツを配信し、サービスの向上を図るよう努めます。
また、大成建設(株)は、その管理下にある個人情報の紛失,誤用,改変を防止するために,厳重なセキュリティ対策を実施しています。個人情報は,一般の利用者がアクセスできない安全な環境下に保管しており個人の登録情報を閲覧できるのは 大成建設(株)だけです。
しかし大成建設(株)は当社が信頼に足ると判断し個人情報の守秘義務契約を結んだ企業に,業務の一部として個人情報の取り扱いを委託する場合があります。またその他の合法的な目的のために、ユーザーの統計情報を開示することができるものとします。

第11条(利用ユーザーの個人情報の開示)
原則として利用ユーザーの個人情報は開示しません。ただし、法律によって要求された場合、あるいは大成建設(株)の権利や財産を保護する目的で開示することがあります。

第12条(宣伝物等の送付)
利用ユーザーは、大成建設(株)が利用ユーザーに対して、本サービスの利用実績に基づき、催物の案内、ダイレクトメール、ダイレクトE-メール、宣伝印刷物、や現行あるいは将来提供されるさまざまな製品やサービスに関連する情報ならびに耐震ネット中で広告、宣伝を行っている広告主(以下単に「広告主」という)からの情報を送付あるいはその他の方法により提供することに同意するものとします。これらのダイレクトメールを送信する場合は、大成建設(株)あるいは当社と機密保持契約を取り交わした代行業者に限られます。ただし、利用ユーザーから大成建設(株)に対して表明することにより、利用ユーザーは同意をしないこと、または撤回することができます。

第13条(ネットワーク接続の特性に関する注意)
利用ユーザーはコンテンツを含む電子情報の送信・発信、受信する過程で、種々のネットワークを経由することがあることを理解し、接続しているネットワークや機器、機材によっては、それらに接続したり、それらを通過するために必要なデータ、信号等の変更がなされる可能性があることを理解したうえで、耐震ネットを利用するものとします。

第14条(コンテンツ情報の保存と開示)
法令に従って要請されたとき、または法律手続上必要な場合、本規約を遵守していただくために必要な場合、第三者の権利を侵害しているコンテンツに対するクレームに対応するために必要な場合、大成建設(株)または利用ユーザーの財産、権利、生命身体・業務等の安全や公益を守るために必要な場合など、大成建設(株)が必要であると判断したときは、大成建設(株)は、コンテンツおよびコンテンツに係る情報を保存し、または開示することができるものとします。

第15条(コンテンツの利用にあったって)
利用ユーザーが耐震ネットを利用される際は、内容の信頼性、正確性、完成度、有用性(有益性)などについてご自身で判断され、ご自身の責任とリスク負担のもとで行うことに同意するものします。

第16条(内容、他の保存、削除に関する権利)
大成建設(株)は、耐震ネット上の利用ユーザーのお問合せなどの通信内容や、サービス上のコンテンツを削除したり、保存しなかったことについて一切責任を負いません。また、一定期間にわたって使用されないIDやアカウントを削除する権利を保有しています。

第17条(サービス内容の変更等)
大成建設(株)は、利用ユーザーのみなさまに通知することなくいつでもサービスの内容を変更、停止または中止することができるものとします。大成建設(株)がサービスの内容を変更、停止または中止した場合にも、利用ユーザーに対しては一切責任を負わないものとします。

第18条(内容の保証)
利用ユーザーが耐震ネットから直接またはサービスを通じてアドバイスや情報を得た場合であっても、本規約に規定されている内容を超えて保証を行うものではありません。なお、当該アドバイスや情報は利用ユーザーなどから伝えられた、限られた情報に基づいて行われるものですので、当該アドバイスや情報自身についてもその内容の真偽、適格性、正確性について保証するものではありません。

第19条(広告主との取引)
広告主と取引を行う場合は、その取引に関連するすべてにおいて、利用ユーザーと当該広告主の責任において行っていただきます。
大成建設(株)はサービス中に掲載されている広告によって行われる取り引きに起因する損害および広告が掲載されたこと自体に起因する損害については一切責任を負いません。

第20条 (リンクの扱いについて)
耐震ネットから他のサイトやリソースへリンクされている場合があります。この場合耐震ネットは当該サイトやリソースを管理しておりませんので、耐震ネット外のサイトやリソースの利用(使用)可能性については責任を有しておりません。また、当該サイトやリソースに含まれていたり、利用が可能となっているコンテンツ、広告、商品役務などについては一切責任を負うものではありません。したがって耐震ネットにはそれらのコンテンツ、広告、商品、サービスなどに起因、関連して生じた一切の損害について賠償する責任はありません。

第21条(ダウンロードの責任)
サービスを利用してダウンロード等の方法で入手するすべてのものは、ダウンロード等を行うことを含めて利用ユーザーご自身の責任で行っていただきます。リスクは利用ユーザーご自身が負担することになりますので、これらの行為の結果生じる損害については利用ユーザーがすべて責任を負います。

第22条(大成建設(株)に対する補償)
利用ユーザーの耐震ネットの利用に起因、関連して生じたすべてのクレームや請求について、また利用ユーザーの本規約違反もしくは利用ユーザーによる第三者の権利侵害に起因、関連して生じたすべてのクレームや請求については、利用ユーザーの費用と責任でそれを解決するものとします。また、当該クレームや請求への対応に関連して大成建設(株)に費用が発生した場合、賠償金等の支払いが発生した場合については、利用ユーザーは当該費用および賠償金等(大成建設(株)が支払った弁護士費用を含みます。)を負担するものとします。

第23条(利用ユーザーの著作権)
万一、ご自身の著作物の著作権が侵害されたと判断された場合には、大成建設(株)に対し次の情報をご提供ください。

1)情報を提供された方の氏名、住所、電話番号、メールアドレス
2)著作権者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス
3)情報を提供された方が著作権者でない場合には、著作権者を代理する法律上の権限を有していることの根拠の説明
4)著作権が侵害されたと主張される著作物についての説明
5)侵害していると主張される原著作物が掲載されている場所
6)問題となっている著作物の使用等が著作権者に無断で使用されていると主張される法律的な根拠についての説明
上記についての情報をご提供いただくことは大成建設(株)が何らかの行為を行うことを保証するものではありません。

第24条(財産権)
1)利用ユーザーが送信・発信したものを除き、サービスに含まれているコンテンツ、個々の情報(データ)および情報(データ)の集合体に関する財産権は、大成建設(株)および耐震ネットに当該コンテンツ等を提供している提携先に帰属しています。
2)サービスおよびサービスに関連して使用されているすべてのソフトウェアは、知的財産権に関する法令等により保護されている財産権を包含しています。
3)サービスまたは広告中に掲載、提供されているコンテンツは、著作権法、商標法、意匠法等により保護されています。利用ユーザーは、大成建設(株)、広告主に事前の文書による承諾を受けた場合を除いて、サービスもしくはソフトウェア、またはそれらに包含される内容(一部あるいは全部を問わず)を複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用等することはできません。また、利用ユーザーが本条項に違反した場合には、当該コンテンツ、個々の情報(データ)情報(データ)の集合体、ソフトウェアおよびそれらを複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用等を大成建設(株)が差止する権利を有すること、ならびに当該行為によって利用ユーザーが得た利益相当額を大成建設(株)が請求することができる権利を有することを、利用ユーザーはあらかじめ承諾するものとします。

第25条(賠償責任の制限)
利用ユーザーは、以下の内容に起因または関連して生じた一切の損害について、大成建設(株)が賠償責任を負わないことに同意します。

1)耐震ネットを利用したこと、または利用ができなかったこと
2)耐震ネットを通じて取り引きを行ったり情報を入手した商品を交換しもしくは役務を代替させるために費用を要したこと
3)利用ユーザーの送信(発信)やデータへの不正アクセスや不正な改変がなされたこと
4)サービス中の第三者による発言、送信(発信)等の行為
5)その他耐震ネットに関連する事項

第26条(通知または連絡の方法)
利用ユーザーへの通知または連絡が必要であると大成建設(株)が判断した場合には、メールまたは郵便を用いて行います。 利用ユーザーの方が、大成建設(株)に対し連絡が必要であると判断した場合には、それぞれ該当する窓口あてにメールまたは郵便を用いて連絡を行うものとします。大成建設(株)は、原則として電話、来訪によるご連絡はお受けいたしかねます。

第27条(利用規約違反)
利用ユーザーの方が、本利用規約に違反するような行為等を発見された場合には大成建設(株)までご連絡ください。

第28条(準拠法、裁判管轄)
本利用規約の準拠法は日本法とします。またサービスまたは本利用規約に関連して大成建設(株)とユーザーとの間に生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

以上

Copyright(C) 2006-2011 TAISEI Corporation

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷