TOP >> Solution >> セミナー&イベント >> 1/16開催:「持ち込みカフェ」のお知らせ
[issued:2014.12.08]

レジリエンス:Cafe Vol.5

1/16開催:「持ち込みカフェ」のお知らせ

「レジリエンスの未来」ダイアログセッション

週末の夜、リラックスした雰囲気のなか「レジリエンスの未来」をキーワードに様々な参加者と対話していく「レジリエンス:Cafe」。今回は、話し合いたいレジリエンステーマを持ち寄って「持ち込みカフェ」としての開催です。


anchor flag
anchor flag

開催概要とお申込み

今回のCafeは「持ち込みカフェ」。
特に大きなテーマを決めないで、レジリエンスに関することをなんでも話し合いましょう。
参加者の皆さんに聞いてみたいことやアドバイスを受けたいこと、取り組みたいプロジェクトで協力を得たいことなど、話し合いたいレジリエンステーマを持ち込んで下さい。


開催概要

日時 2015年01月16日(金)
18時半〜20時半(18時開場)
*終了時間は予定です。
会場新宿センタービル 52F
大成建設 小ホール
参加費無料(20名:先着順)

対象:
企業の役職員(経営者含む)/ NPO、公益法人/行政、公共団体/学校・教育関係者、学生の方など、広く募集いたします。
・これまでのセッションに参加いただいた方
・地震対策や防災に取り組まれている方
・BCM/BCPについて取り組まれている方
・レジリエンスについてご興味のある方
・社会課題の解決に取り組まれている方
備考持ち込みカフェ

(予定)
18:30〜18:45 ≪チェックイン≫
18:45〜19:00 ≪関係性をつくる≫
 話し合いたい「レジリエンステーマ」を出し合います
19:00〜20:15 ≪新しい問題の構図を創る≫
 それぞれのテーマに対して、グループに別れたり、全員んで集まったりして話し合っていきます。
20:15〜20:30 ≪未来シナリオの共有≫
 それぞれが得られた気づきをシェアします。


■主催:大成建設株式会社

■協力:
 株式会社フューチャーセッションズ
 http://www.futuresessions.com/
 一般社団法人企業間フューチャーセンター
 http://www.eafc.or.jp/
 京都造形芸術大学外苑キャンパス
  Planetary Design 講座2014(竹村真一教授)
 http://gaien-tokyo.jp/pdl/

*セッションの様子とアウトプットなどは「レジリエンスの未来特設ページ」にて公開し共有していく予定です。
ご参加にあたっては予めご了承下さい。

レジリエンスの未来 これからの予定。
□2015.02.13:フューチャーセッション「レジリエンスの未来5」
□2015.02.20:レジリエンス:Cafe.6「持ち込みカフェ」
□2015.03.14:フューチャーセッション「レジリエンスの未来6:国連防災世界会議」(仙台)

事前にお知らせいただけるテーマや必要な準備などがあれば、こちらからご連絡下さい。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

anchor flag

レジリエンス:Cafe について



レジリエンスとは、リスクにさらされてもしなやかに対応し、より良い方向に回復していく能力。
「レジリエンス:Cafe」はカフェのようなリラックスした雰囲気で、これからのレジリエンスを対話していく、ダイアローグセッションのシリーズです。レジリエンスの未来への想いを多様な視点で話し合うことで、本当に目指したい「レジリエントな社会」を共有し、これまで以上に多くの気づきや学び、そして繋がりにより、新しいレジリエンスの未来を創造していく場にしていきたいと思っています。

レジリエンスの未来への想いを持つ様々な人たちが集まり、未来の社会で私たちがどうなっていたいのかを様々な切り口で話し合っていきたいと思います。今の課題が解決した結果得られる未来社会ではどうなっていればいいのか、何ができていたらいいのかをリラックスして話し合っていきましょう。
皆さんは、どうぞそれぞれの視点や想い、見識や知恵、あるいは課題、そして実際の活動を持ち込んで下さい。
それらを多様な視点で話し合うことで、目の前の課題の解決だけでなく、本当に目指したい「レジリエントな社会」を共有し、新しいレジリエンスの未来を創造していきたいと思います。
想いのある多様な人が対話を通して、これまで以上に多くの気づきや学び、そして繋がりの生まれる場。
「レジリエンス:Cafe」は、そんな場になっていきたいと思っています。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷