TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 病院施設の耐震化を進めたい
[issued:2011.06.15]

病院施設の耐震化を進めたい

人々の生命とその安全を守るための医療機関。
その耐震化プロジェクトでは一般的な建物の場合に必要となることがらに加え、検討・実施すべきいくつかの重要なポイントがあります。


1. 

はじめに


災害時の医療機関は「命を守る施設」として、より一層の稼働が必要とされます。

anchor flag
病院施設の耐震性を検討するにあたっては、構造体だけでなく「医療行為を維持するために必要な耐震性」、つまりは「機能の耐震性」として検討することが重要になります。
検討すべき項目は入院患者への対応といった継続的な医療行為に必要な機能に加え、災害時に緊急対応を行うための機能など、多岐に渡る上そのレベルも高度なものとなってきます。

これらを一朝一夕に進めていくことは難しく、むしろ安全の確保を基本としながら、できる範囲から着実に行っていく事が確実な成果に結びついていきます。
また、機能の耐震性は建物や設備機器などのハードだけの問題ではなく、利用の仕方、活用の方法などソフト面との両輪で進めることも重要です。

ここでは、こうした特徴を持つ医療施設の耐震化プロジェクトにおいて、最低限必要な安全確保のための耐震補強を基盤として、どのようなことを検討/把握しておけば良いのか?を中心に基本的なポイントを解説します。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷