TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 病院施設の耐震化を進めたい
[issued:2011.6.15]

病院施設の耐震化を進めたい

人々の生命とその安全を守るための医療機関。
その耐震化プロジェクトでは一般的な建物の場合に必要となることがらに加え、検討・実施すべきいくつかの重要なポイントがあります。


2. 

全ての病棟や施設で耐震診断を行う必要がありますか?


耐震性不足の問題は耐震基準の違いによるものだと理解しましょう。

耐震診断の対象は1981年以前の「旧耐震基準」により設計された建物です。

anchor flag


耐震診断によって現行の耐震基準に沿っているかどうかが判明し、診断結果で不合格となった建物が補強の対象となります。
一般的にはIs値≧0.6であれば合格となりますが、地域などによって病院などの医療施設については重要度係数が割増されている場合もあります。
 
旧耐震基準と新耐震基準


anchor flag


新耐震設計基準の基本的な考え方

新耐震設計基準の基本的な考え方
大地震であっても建物の崩壊や倒壊を防ぎ、人が安全に脱出できることを目標としています。


耐震診断で合格となった建物は現行耐震基準と同程度の耐震性を備え、人的被害を最小限に留める最低限の耐震性を確保しているといえます。
しかし、それはあくまでも構造体の耐震性能であり、地震の後も病院が医療施設としての機能を確保するためには、構造体にもより高度な耐震性能が求められます。
また、医療日常的に使用している設備機器、系統などについても耐震性を把握し、必要に応じた補強などの処置が必要です。
 
耐震診断結果の読み方と補強目標の検討

Is値と建物被害の相関関係について解説しています。病院、医療施設についても必要な耐震性能の確保やその手法について基本的な方向性を得ることができます。

お持ちの病院、施設が耐震診断の対象となるのか不明な場合もお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷