TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 病院施設の耐震化を進めたい
[issued:2011.6.15]

病院施設の耐震化を進めたい

人々の生命とその安全を守るための医療機関。
その耐震化プロジェクトでは一般的な建物の場合に必要となることがらに加え、検討・実施すべきいくつかの重要なポイントがあります。


4. 

増築や改築を行った建物では何か特別な用意や準備が必要になりますか?


実際の建物の状況が図面と一致しない場合、そのままでは正しい診断ができません。

改修や増築の状況が設計図書に正しく反映されているか確認しましょう。

anchor flag




正しく反映されていない場合は、図面を現状を反映したものに整備する必要があります。 その際、改修時に行った打ち合わせや検討で使われた図面、書類が残っていれば、それらを手がかりにして正確な整備を行うことが可能になります。
その上で、実際の現場と図面を把握し、構造的な状況を正しくつかむ必要があります。
また、耐震補強の設計、施工の際にあたっては、設備システムや配管の状況も把握する必要があり、そのためには設備図についても現状を正しく反映していることが必要になります。
 
anchor flag


改修に関わる図面や書類などが整備されておらず、当初の図面と現在の形が異なっている場合は、現状が法的にどのような取り扱いになるのかを確認する必要があります。その結果、法に適合していないことが判明した場合は、まず、法に適合するように改修する計画を検討する必要があります。
(当時の法に準拠していることが証明できる場合は「既存不適格建物」となり、適法建築物として耐震改修を進めることができます)。
 
設計図書チェックリスト

確認しておくべき図面類の種類と内容を簡単に記した「チェックリスト」をご用意いたしましたので、ご活用ください。
(耐震ネットへの登録が必要です)

ビルオーナーが知っておきたい設計図書 ─管理ポイント編─

設計図書の管理手法や読み解き方を解説し、各種改修プロジェクトや施設戦略への活用方法をご紹介しています。 設計図書チェックリストはこちらからもダウンロードいただけます。

設計図書の整備は、戦略的な施設運営の第一歩です。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷