TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 病院施設の耐震化を進めたい
[issued:2011.6.15]

病院施設の耐震化を進めたい

人々の生命とその安全を守るための医療機関。
その耐震化プロジェクトでは一般的な建物の場合に必要となることがらに加え、検討・実施すべきいくつかの重要なポイントがあります。


8. 

医療施設向けの補強方法にはどのようなものがありますか?


病院の耐震化では「施設としての医療機能を守る」という視点が重要になります。

最もお勧めするのは、機能維持が可能となる免震レトロフィットです。

anchor flag




免震レトロフィットは施工場所を特定範囲に限定できるので、その他の場所ではそのまま使いながらの工事が可能になります。
免震化により、地震の強い揺れが大幅に緩和されるため、機能維持に必要な内部の設備機器やシステムへの影響が大幅に低減されます。
地震の劇的な揺れがゆったりとした揺れになるので、手術中などのシビアな状況でも、その影響を最小限に抑えることが可能です。
穏やかになった揺れは病院内の患者さんたちの恐怖を和らげ、心的影響も緩和されることが期待できます。
 
anchor flag




免震化だけで機能維持が可能になるわけではなく、同時に電気や水などのインフラの代替機能やバックアップも必要になります。また、施設機能だけでなくそれを使うヒトの確保も重要となります。
こうしたことは、計画の最初に検討する「今の病院の姿」をつぶさに分析することで、必要な機能とその構成要素や、ボトルネックが明確になってきます。
その上で日常と非常時の病院のあり方をもう一度考えることであり、その意味で医療施設の地震対策を考えるということは、そのまま「明日の病院の姿」を考えることにもつながってきます。
 
これからの医療ニーズに応える病院の地震対策リニューアル

医療ニーズや制度が変化するなかで、病院は選別の時代に入ってきました。 求められる病院であり続けるためには地震対策を含め、「明日の病院、医療のあるべき姿」を見据え全体最適化を考慮した取り組みが必要です。

特集:医療施設の地震対策

会津中央病院様の「病院を使いながら」の免震改修を通して、プロジェクトを円滑に進めるには何が必要かを探ります。また、免震採用の背景となった「明日の医療施設の姿」について考えていきます。

医療施設の豊富な実績で免震化をはじめとした「病院としての耐震化」をサポートします。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷