TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 事業継続管理(BCM)に取り組みたい
[issued:2010.06.24]

事業継続管理(BCM)に取り組みたい

企業にとって重要な取り組みの一つであるといわれているBCM。その考えはどのようなもので、どのようにして取り組めばよいのでしょう?


2. 

BCP「事業継続計画」と従来の「消防計画」とは何が異なるのですか?


「災害の予防」、「人命の安全」、「被害の軽減を図る」など、従来の消防計画の基本的な考え方は、BCPでも同じです。

BCPでは、消防計画の基本的な考え方を前提に、重要業務の継続/早期再開のための具体的な行動計画を規定します。

anchor flag


複数のリスク要因の図

「要因」ではなく「結果事象」で考えると、複数のリスク要因に共通の対策が見えてきます。


BCPは消防計画とは異なり、火災・地震といった被災の要因には本来依存しません。「要因」ではなく、「結果事象」で被害を想定し対策を立案することが重要です。
さらに「BC=事業を継続する」という視点で経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)と業務プロセスを再認識し、何が重要でどこまで守るべきかを検討し、そのための施策を経営戦略としてサプライチェーンも含めて策定します。これが、従来の消防計画との大きな違いといえます。
anchor flag


BCMは、災害や事故・事件から事業の継続性を守る「予防」と、発生後にできるだけ早く機能を回復しようという「復旧」の二つの要素から構成されています。予防から復旧までをトータルにBCMに取り組むためのポイントについては下記のコンテンツが参考いただけます。
 
急速に普及するBCMへの取り組みと日本型防災の限界

インターリスクの小林誠さんに、BCMに対する国内外の動向と国内企業の取り組みの状況、そしてこれからのBCMのあるべき姿について伺いました。

大成建設では地震対策を基軸に広くBCMへの取り組み、BCP策定についても支援しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷