TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 事業継続管理(BCM)に取り組みたい
[issued:2010.06.24]

事業継続管理(BCM)に取り組みたい

企業にとって重要な取り組みの一つであるといわれているBCM。その考えはどのようなもので、どのようにして取り組めばよいのでしょう?


9. 

ガイドラインに沿ってBCPを策定すれば、BCMの導入は完了と考えていいですか?


リスク発生時に実効性の高いBCPとするには、平時の企業活動で根付かせることが必要です。

BCMの目的はBCPの作成ではなく、それを確実に機能させ「強い企業」となるための定着を図ることにあります。

anchor flag


BCMサイクルの図


BCMは、災害、事故・事件が発生した際に、実効性を高く問われるマネジメントシステムです。
それがいざという時に有効に機能しなければ、逆に企業ブランドに多大な損害を与えかねないからです。 そのため、策定したBCPは、具体的な行動計画となっている必要がありますし、リスクが発生した際に確実に機能するかをシミュレーションや訓練を通じて検証し、必要に応じて改善するPDCAサイクルの取り組みとして定着させていきます。
anchor flag


いざという時にBCPを確認しながら行動・指示するというのは非現実的です。より実効性の高いBCPにするには、関係者が当たり前のように行動できるよう、日常からシミュレーションや訓練を重ねることが重要になってきます。 BCP運用のポイントは、下記のコンテンツで詳しく解説しています。
 
「機能する」BCP。その策定と運用のポイントとは?

作って終わりのBCPとしないための策定、運用の具体的な手法とポイントをご紹介します。

大成建設では PDCAサイクルを回すため不可欠な訓練/検証のフェーズでのお手伝いをしております。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷