TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 事業継続管理(BCM)に取り組みたい
[issued:2010.06.24]

事業継続管理(BCM)に取り組みたい

企業にとって重要な取り組みの一つであるといわれているBCM。その考えはどのようなもので、どのようにして取り組めばよいのでしょう?


10. 

BCMに対する社内体制はどのように考えればよいでしょうか?


企業・団体の規模や経営状態を踏まえ、できることからはじめる”身の丈にあった” BCM体制を構築しましょう。

全体的にBCMの構築・運用をサポートする、経営者からコミットメントされた組織体制づくりが重要です。

anchor flag




BCPの構築において、被害想定から減災対策を立案するプロセスでは、社内のリスコミュニケーションが重要になってきます。
日常業務としてオペレーションしているスタッフ、ファシリティ全体を俯瞰する立場の総務などの施設を管理する部署のスタッフ、そして他施設での代替業務など全社的な施策を考える経営者など、彼らが個別に感じている危機感を1つにまとめ上げ、総合的に優先順位付けをすることが、漏れのないリスク対策の立案につながります。
anchor flag


BCMの構築・運用にあたっては、特別な予算立てをして実施するものではなく、通常の企業活動に伴うコストとして認識する必要があります。ただし、取り組み当初には調査や組織作りなどのために別途に予算が必要になります。
 
リスクに強い製造業のための処方箋

起りうるリスクの明確化、可能なリスク対策の実施と周知があってはじめて、BCPは実効性のあるものとなり、BCMの目的が達せられます。 その鍵は、まず社内での「コミュニケーション」にあります。

大成建設では「リスクの見える化」と「3つのシナリオづくり」で、皆様のリスクコミュニケーションの促進を支援しております。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷