TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 事業継続管理(BCM)に取り組みたい
[issued:2010.06.24]

事業継続管理(BCM)に取り組みたい

企業にとって重要な取り組みの一つであるといわれているBCM。その考えはどのようなもので、どのようにして取り組めばよいのでしょう?


1. 

事業継続管理(BCM)とは何ですか?


「事業継続」には、BCPやBCMなどの類似した用語が混乱して使用されているケースが目立ちます。まずはその概念をしっかりと把握することから始めましょう。

不測の事態においても、企業や団体が効率的に事業の継続性を確保するための「経営管理手法」です。

anchor flag


業務遂行能力のグラフ


事業継続(Business Continuity:以下、BC)とは、企業や団体が災害や事故・事件で被害を受けても、重要業務の中断が許される時間内に(なるべく早く)復旧させることで、事業継続管理(Business Continuity Management:以下、BCM) は、それを実現するための一連のマネジメント活動です。
また、BCPとは、BCMを実施するにあたっての手順や手続き、行動計画などがまとめられた、具体的な計画書を指します。
2001年9月11日に発生した同時多発テロにおいて、BCMを導入していた企業とそうでない企業との間で、業務再開時間に大きな差があったことから急激に注目を浴びるようになりました。
anchor flag


実効性の高いBCMを構築するには、「守るもの〈=重要業務〉」の優先順位と「守る時間<=目標復旧時間>」をあらかじめ定め、限られた経営資源(ヒト、モノ、カネ)を最も効率的に配分することが重要です。 BCM構築のポイントについては、下記のコンテンツが参考いただけます。
 
大成建設の事業継続管理(BCM)支援ソリューション

被害の最小化とRTOの短縮を目標に、被災想定や事業影響分析をはじめ、それに基づく効果的な減災対策、そしてBCPの構築から運用までをトータ ルにサポートいたします。

BCP策定支援サービス

「日本版BCPガイドライン」に準拠した「事業継続計画書」を短期間に策定するための支援サービスです。

大成建設では地震対策を基軸に広くBCMへの取り組み、BCP策定についても支援しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷