TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 耐震診断を受けたい
[issued:2010.04.21]

耐震診断を受けたい

耐震診断を受けるには、費用や時間はどのくらいかかり、どのような点に注意して準備すればよいのでしょうか?


4. 

耐震診断にはどのくらいの期間がかかりますか?


耐震補強は長期間のプロジェクトとなるため、事前に全体スケジュールを想定しておきましょう。

診断結果が出るまでには、およそ2ヶ月ほどの診断期間が必要です。

anchor flag


予備診断、耐震診断後の補強設計にも約3ヶ月程度の期間が必要になります。計画の検討期間も必要になることから診断が終了しても補強工事に着手するまでには、最短で4カ月程度(認定を受ける場合はさらに4〜5ヶ月程度)が必要になります。
実際には補強計画の検討にはある程度の時間が必要となる場合が多く、それを見越した計画とすることが求められます。
 


anchor flag


スケジュール管理はプロジェクトを円滑に進める要です。
補強プロジェクトの各段階で検討、解決すべき課題は何か、より効果的に遂行する方法はないのか? 以下のコンテンツをご参考に各段階でのポイントや疑問をおさえておきましょう。
 
耐震補強プロジェクトの勘所

耐震補強に取り組むに当たっての目標の考え方やチェックポイントなどを紹介しています。
担当者、責任者の方にはぜひおすすめしたい内容です。

スケジューリングも含めた耐震補強プロジェクト全体を施設戦略の視点からとらえサポートいたします。まずはご相談からお気軽にどうぞ。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷