TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 建物の耐震性を高めたい
[issued:2010.04.19]

建物の耐震性を高めたい

建物の耐震性を高めるにはどのような方法があり、それらにはどのような特徴があるのでしょうか?


4. 

「制震」による補強とはどのようなことですか?


制振装置にはオイルダンパーや柔らかい鋼材など様々な種類のものがあります。

耐震補強に揺れのエネルギーを吸収する「制震装置」を利用する方法で「制震レトロフィット」といいます。

anchor flag




建物が大きく変形したとき生じる建物の上層と下層の間の変位差や速度差をダンパーによって吸収させて建物の損傷を防ぎます。
鉄骨造の様に変形性能が高く柔らかい建物に向いている補強方法です。最近ではRC(鉄筋コンクリート)造のものにも適用されるケースもあります。
制震レトロフィットでは一般の耐震補強と比較して補強箇所数の低減も期待できます。
 
制震レトロフィットでは一般の耐震補強と比較して補強箇所数の低減を期待できる場合があります。

anchor flag


制震による補強は通常の地震だけでなく、超高層ビルなどの長周期地震動対策として耐震性のバリューアップを図る上でも有効な手段です。
長周期地震動の解説と対策のポイントについては下記のコンテンツでご覧いただけます。
 
長周期地震動と超高層ビル

長周期地震動が通常の地震での揺れとどう異なるかを理解し、超高層ビルにおける総合的な地震対策にお役立てください。

「もっと詳しく知りたい」「自社ビルに適用できるのか?」といったご相談がございましたらお気軽にお寄せください。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷