TOP >> Solution >> Start-up Guide >> 建物の耐震性を高めたい
[issued:2010.04.19]

建物の耐震性を高めたい

建物の耐震性を高めるにはどのような方法があり、それらにはどのような特徴があるのでしょうか?


5. 

「免震」による補強とはどのようなことですか?


免震は設備や機器、什器への影響も大幅に低減するため、地震後の機能維持を図ることが可能です。

建物の基礎や柱に「免震装置」を取り付けて、地震の揺れを建物に伝わりにくくする方法で「免震レトロフィット」といいます。

anchor flag




既存の建物の基礎や中間階に免震装置を設置し、外観や内装、設備などを損なうことなく建物の固有周期を長くして地震の揺れの影響を受けにくくします。
地震の揺れの影響は、取り付けた「免震装置」が吸収するため、基本的に免震層より上の部分の補強は全くか大幅に不要になります。
様々な場所に導入できる免震

 
様々な場所に導入できる免震
免震の導入場所は建物の性状や使用状況、周辺の状況に応じて検討します。


 
anchor flag


「免震化」により、地震による揺れの影響が大幅に低減されるので建物内の人々の安全を確保するだけでなく、設備機器、什器の転倒、倒壊を防ぐことができ、地震後も建物機能を維持することが可能です。高い事業継続性が求められる場合、免震は非常に有効な手段といえます。
下記リンクから、免震のメリットと採用に当たっての条件をご確認いただけます。
 
よくわかる免震

免震の原理や仕組みを図表や写真を豊富に用いて分かりやすく解説しています。
免震について理解を深めるのに最適なコンテンツです。

免震レトロフィットの採用ポイント

免震の適用条件や予算の考え方を具体的に解説しています。
採用を検討している方だけでなく、補強方法の比較、検討中の方にもお勧めします。

免震導入のメリット、デメリットや採用の可能性など、ご質問がありましたらお気軽にお寄せください。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷