TOP >> Solution >> オンライン講座 >> 地震を学ぶ
[issued:2005.09.01]

地震を学ぶ

Leaning about Earthquakes

地震の活動期に入ったといわれる日本
このコーナーでは、地震発生のしくみ等の基礎知識から、現在想定されている切迫性のある地震はどこなのか等、日本の地震環境についてわかりやすく解説しています。


4. 

活断層


anchor flag
anchor flag

活断層とは何でしょう?

主な活断層と地震予知連の観測域
主な活断層と地震予知連の観測域

過去の地震により、地層にずれが生じているところを断層といいます。中でも、最近180万年くらいの間に繰り返し動いた形跡があり、現在も活動が続いていると見られるのが活断層です。地震はプレート境界のずれだけでなく、この断層がさまざまな方向にずれることによっても発生します。
日本には活断層が2,000カ所以上もあるといわれていますが、これが全てだというわけではありません。例えば関東地方ではそれほど多くの断層線は表示されていませんし、東京都心部でも目立った活断層は記載されていませんが、これは活断層が存在しないのではなくて、ローム層に覆われていたり古くから都市があったため十分な調査ができなかったためだと言われています。
主な活断層帯の30年以内の地震発生確率(%) 2014年1月1日暫定基準日
主な活断層帯
2014年1月1日暫定基準日
(海溝型については次ページに)

anchor flag

阪神・淡路大震災を引き起こした3つの断層

阪神大震災は、都市直下の断層によるものと言われています。
横浜市立大学の菊池教授の分析によると、まず1の断層が横ズレを起こし、4秒後、2の断層が縦ズレ、2秒後3の断層が横ズレしたと説明されています。


anchor flag

兵庫県南部地震と釧路沖地震の揺れ

兵庫県南部地震は都市直下の断層の影響と地盤構成による影響が重なり、これまでにない大きな被害をもたらしました。揺れの特徴としては、
・局所的で短時間に強烈な揺れ
・横揺れの強さは建築基準法想定の約2倍
・縦揺れも強かった
などがあげられます。


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷