TOP >> Solution >> オンライン講座 >> [フォーラムレポート]長周期地震動への対策はできているか?
[issued:2009.09.17]

地震対策フォーラム2009 IN 関西

[フォーラムレポート]長周期地震動への対策はできているか?

-大阪平野を襲う長周期地震動の影響とその対策-

「長周期時震動による影響とその対策」をテーマに、2009年9月11日に開催された「地震対策フォーラム2009IN関西」の内容をご紹介いたします。


anchor flag

はじめに

会場のようす、大勢の方にご出席いただきました。有り難うございました。

大勢の方にご出席いただきました。有り難うございました。


現在、最も切迫しているといわれている東海、東南海、南海地震。これらの海溝型巨大地震が起きた時に懸念されるのが、「長周期地震動」です。 かつて体験したことのない未知の地震波の及ぼす影響が、最近の研究で明らかになってきました。

基調講演に京都大学の中島教授をお迎えし 2009年9月7に開催いたしました本フォーラムでは、 この新たな脅威である「長周期地震動」をテーマに、予想される被害とその対策について最新の情報をご提供させていただきました。
また弊社講師による講演では、世界ではじめて新宿の超高層ビル(新宿センタービル)で実施された、「長周期地震動対策:耐震バリューアップ」プロジェクトについてもご紹介させていただきました。
大成建設関西支店 武田修示副支店長

大成建設関西支店 武田修示副支店長


開催に先立ち、大成建設関西支店 武田修示副支店長より「今回のフォーラムを通じて、皆様方の新たな知識の修得と知恵の展開にお力添え出来れば」と、ご挨拶とともに開催意図のご説明をさせていただきました。
anchor flag

【基調講演】
長周期地震動を受ける建築構造物の揺れの正体・・・その予測と予防

京都大学教授 中島正愛氏

京都大学教授 中島正愛氏
京都大学教授 中島正愛氏


独)防災科学研究所兵庫耐震工学研究センター
 センター長でもある、中島教授による基調講演では、E-ディフェンスの実証実験による成果を踏まえた、長周期地震動による揺れの影響とその対策のあり方についてのお話がありました。

実大実験の貴重な映像とともに、
「QOL(Quality of Life)の観点から、現代社会の建物には構造安全性だけでなく「機能確保」が重要となってきている。」
「被害地震だけでなく疑似被害地震にも学び、想像力でどの様なことが起こるのか予測、予見して先手を打つ必要がある」
など示唆に富むお話をいただきました。
最後におっしゃられた
「少子化、高齢化が進み、少しずつ日本全体が年を取っていく中、(建築ストックを)次の世代に引き継ぐ前に、色々な手当をきちんとしておくことが我々の責務では無いか?」とのお言葉が印象的でした。
独立行政法人防災科学研究所
兵庫耐震工学センター

兵庫県三木市にある「三木震災記念公園」内にある「兵庫耐震工学センター」のWebサイトです。
実大・三次元・破壊というキーワードで特徴づけられ、実物大の構造物を破壊させるために必要な性能を有している「E-ディフェンス」の実験映像などが公開されています。公開実験の見学申し込みも可能です。

anchor flag

【セミナー1】
大阪平野における長周期地震動と超高層ビルの対策

大成建設(株)設計本部 副本部長 細澤治

 大成建設(株)設計本部 副本部長 細澤治
大成建設(株)設計本部
副本部長 細澤治

セミナー1では、
■なぜ今、長周期地震動について検討しなければならないのか?
■大阪平野ではどの様な地震となるのか?
についての説明とともに、新宿センタービルで実施された対策工事における検討結果の報告がなされました。
南海地震による大阪平野への影響シミュレーション

南海地震による大阪平野への影響シミュレーション

東南海+東海地震発生時のシミュレーション

東南海+東海地震発生時のシミュレーション

新宿センタービルでの対策効果 この他、超高層モデルによる大阪平野での影響と対策効果シミュレーションの報告もありました

新宿センタービルでの対策効果
この他、超高層モデルによる大阪平野での影響と対策効果シミュレーションの報告もありました


anchor flag

【セミナー2】
新宿の超高層ビルで実施された、世界初の耐震バリューアップ工事

大成建設(株)耐震推進部 参与 杉崎良一

大成建設(株)耐震推進部 参与 杉崎良一
大成建設(株)耐震推進部
参与 杉崎良一

セミナー2では、
「T-RESPO構法」による、新宿センタービルの耐震バリューアップ工事についての詳細な説明がありました。
建物を使いながらの工事で、設計段階からの準備と綿密な工程管理、徹底した作業の効率化により2008年10月から09年7月までの十ヶ月で完了しています。
取り付けは上下3層にわたるサイクル工程で行われました

取り付けは上下3層にわたるサイクル工程で行われました

工事期間中も執務スペースに影響を与えないための仮囲い計画

工事期間中も執務スペースに影響を与えないための仮囲い計画

取り付けの様子については、動画での紹介もありました

取り付けの様子について、動画での紹介もありました


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷