TOP >> Solution >> オンライン講座 >> 耐震診断と耐震補強を考える
[issued:2007.04.15]

耐震診断と耐震補強を考える

ー耐震診断の必要性と耐震補強プロジェクトの進め方ー

建物の地震に対する強さを判定する「耐震診断」とそれを強化する「耐震補強」。
このコーナーでは、建物の「耐震性」について詳しく解説するとともに、最適な耐震補強プロジェクトのための専門知識としての「耐震診断」と「耐震補強」についての基本事項を解説します。


2. 

耐震改修促進法とは


anchor flag
anchor flag

耐震改修促進法の概要

ー06年の改正と耐震改修促進計画ー

 耐震改修促進法(建築物の耐震改修の促進に関する法律)は、阪神大震災の教訓から、1995年12月25日より施行されている法律で、地震による建築物の倒壊等の被害から国民の生命、身体及び財産を保護するため、建築物の耐震改修の促進のための処置を講ずることにより建築物の地震に対する安全性の向上を図り、公共の福祉の確保に資することを目的としています。

 この法律では既存の建物のうち、特に多数のものが利用する一定規模以上の建物を「特定建築物」とし、その所有者は、建築物が現行の耐震基準と同等以上の耐震性能を確保するよう耐震診断や改修に努めること(努力義務)が求められています。
 また、耐震改修計画が同法に適合しているかどうかの認定を受けると、耐震改修に関する一定の規制緩和や公的融資の優遇などを受けられるなどの緩和措置等も規定されています。

都道府県の「耐震改修促進計画書」
都道府県の「耐震改修促進計画書」
計画書には地域内の耐震改修を促進させるための計画の他、地域での被災想定マップなども掲載されているケースが多く、企業でのBCP策定についても大変参考になる資料となっています。

 耐震改修促進法は2006年に改正され、向こう10年間で耐震化率90%という具体的な数値目標を掲げました。
 その実現のために建物の所有者が「自らの問題」、「地域の問題」として取り組む必要が指摘され、特定建築物の対象も拡大されています。
 また、目標達成のため、特定行政庁による「耐震改修促進計画」の策定が義務づけられ、2008年4月では、全ての都道府県で計画の実施が始まっており、順次、市区町村での策定や実施が進められています。
注:促進法の対象建物について

現実には指針などにより1981年以前の「旧耐震基準」がその主な対象となりますが、促進法では「現行の耐震基準」という言い方になっており、今後の基準法改正への追従性も加味されています。また、偽装や違法建築などもその対象に含まれます。

耐震改修促進法の改正とその周辺施策

2006年1月26日より施行された改正耐震改修促進法について、建物の所有者にとってポイントとなる部分を中心に解説します。

2006年度改正:スタートした耐震改修促進計画

「耐震改修促進計画」に共通してみられる内容を俯瞰し、何が必要か、どうすべきかについて考えていきます。
各都道府県へのリンクも掲載しています。


anchor flag

努力義務と指導、指示対象について



クリックするとより詳細に解説した表をごらんいただけます。


 努力義務が課せられる特定建築物のうち「不特定多数」が利用する一定規模以上のものは、所轄行政庁が「所有者に対して必要な指示をすることができる」「指示対象」建物として規定されています。また、これらの指示、検査を拒絶したり、従わなかった場合には

指示や検査に対しての拒絶、虚偽:50万円以下の罰金
認定の報告がない、虚偽の場合:30万円以下の罰金
指示に従わない特定建築物の公表
倒壊の危険性の高い特定建築物については、
「建築基準法」に照らして改修を命令
(命令の拒否や違反には1億円以下の罰金(法人))

等の罰則が規定されています。
anchor flag

耐震改修促進法の認定とは?

認定までのフロー

認定までのフロー
認定を受けるためには診断段階からの対応が必要になる場合があります。
また、認定期間及び審査費用も必要になります。

  阪神大震災の被害状況を受け、1995年12月より施行されている「耐震改修促進法」では、不特定多数のものが利用する81年以前の旧耐震の建物のうち、特定の用途や一定規模以上のものを「特定建築物」とし、耐震性の確認と、改修に関して努力義務が規定されています。

 また、同法では改修計画に「認定制度」を設けています。
 認定をうけることにより「大規模改修」の際に必要な「確認申請」が免除され、基本的に「耐震」以外の「既存不適格要件」に関しても遡及を免れることが可能になります。
 また、低利融資、補助金の交付など、各種の優遇措置を受けることができる場合があります。

 認定の取得は所管行政庁によって細かいところが変わりますが、図のフローが一般的です。
 各種の支援措置も、特定行政庁によって独自のものが規定されているものもありますので、まずは管轄行政庁での確認をされることをお進めいたします。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷