TOP >> Solution >> Special >> 特集:デザインと耐震 序章
[issued:2006.07.15]

特集:デザインと耐震 序章

-Start of architecture reformation-

ストラクチャー(構造)の整合性が建築の完成度や美しさだという見方がある一方で、ストラクチャーの新しい試みがユニークな建築デザインに展開することもある。
この特集では、建築設計者と構造設計者の対話を通じ、デザインとストラクチャーの豊かで多様な関係性の中で建築のイノベーションの可能性を探って行きたい。

構造のわかる会ポートレイト特集:デザインと耐震
プロローグ座談会
構造のわかる会

1. 

特集:デザインと耐震 序章


anchor flag

はじめに



 
 大成建設は最大手の総合建設企業として、計画・設計、施工、運用、再構築という建築ライフサイクルへのトータルな取り組みを標榜し、実践してきた。そして、そのコアコンピタンスは「テクノロジー」と「デザイン」という2つの領域として明確化される。

 建築に寄せられる要望や期待に応えるために、効果的なテクノロジーを開発し、満足度の高いデザインを創出することが大成建設のミッションの一つであるが、それはつまり建築のイノベーションそのものであり、ドラッガー氏の指摘を待つまでもなく、イノベーションは現代企業のミッションでもある。

 今回企画した「特集:デザインと耐震」では、今後4回の連載の中で、当社のコアである「テクノロジー」と「デザイン」の挑戦が、大規模地震への対応が不可欠であるという日本特有の前提条件のなかでどのような展開となっているのかを探っていく予定であるが、それはつまり「建築」をどのように「設計」するのか、つまり「建築のアーキテクチャー」における進化の方向性を探る試みにもつながっていくだろう。



 プロローグにもあたる今回は、建築設計者と構造設計者の対話の場でもある、大成建設「構造のわかる会」のメンバーに集まってもらい、これから展開されていくであろう「大成建設の建築イノベーション」への具体的な取り組みを明らかにするイントロダクションとして、フリーディスカッションを行った。



建築デザインのジレンマ
 今回のディスカッションの問題提起として、「構造のわかる会」の中心メンバーである建築グループの林、構造グループの水谷の両氏にによる、「地震対策が建築デザインにとって制約になっているのではないか?」という見解について議論を展開する。




建築の"Re"デザインという社会的要請
 スクラップ&ビルドではなくストックとしての建築という、社会資本としての建築に関する認識の変化のなかで、既存建築のリニューアル、コンバージョンなどではどのようなデザインとストラクチャーの取り組みが行われているかを検証する。




ストラクチャーとデバイスのデザイン
 既存であれ新築であれ、地震対策には、構造設計のなかに耐震性能を向上させるデバイス(装置)を組み込んだ制震や免震といった技術がある。それらが建築デザインの重要な要素として注目され様々な工夫に挑戦している現状を明らかにする。



触発しあうデザインとストラクチャー
 相反したり、相補的であったりして、密接にかかわらざるを得ない「デザイン」と「ストラクチャー」、その双方が相互に触発することが建築の豊かな可能性をひき出し、これからの時代の求められるアーキテクチャーの構築につながるのではという方向に議論は深化していく。


ディスカッションの結果はおよそこれら4つのテーマに集約された。
次ページ以降で、その内容に触れていこう。


構造のわかる会とは?

設計本部の建築グループ、構造グループの有志による建築への思考をより深化させ、建築のイノベーションのあり方を模索する研究会である。
「建築構造のわかる本」や「第一線の設計者が語る耐震設計」などの本を発刊する他、最近では「カーサ・ブルータス」への「30分で鍛える現代建築力」や「建築・デザインで読み解くオリンピック」といった特集号で構造とデザインに関する記事の寄稿を行ない、その自由闊達な発想や指摘が注目を集めている。

anchor flag

日本の地震状況や建物の耐震とは?等についてはこちらもご覧ください

地震を学ぶ

地震の活動期に入ったといわれる日本
このコーナーでは、地震発生のしくみ等の基礎知識から、現在想定されている切迫性のある地震はどこなのか等、日本の地震環境についてわかりやすく解説しています。

耐震診断と耐震補強を考える

建物の地震に対する強さを判定する「耐震診断」とそれを強化する「耐震補強」。
このコーナーでは、建物の「耐震性」について詳しく解説するとともに、最適な耐震補強プロジェクトのための専門知識としての「耐震診断」と「耐震補強」についての基本事項を解説します。


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷