TOP >> Solution >> Special >> 耐震補強のデザインソリューション
[issued:2006.09.20]

特集:デザインと耐震_第1章

耐震補強のデザインソリューション

-ファシリティの新しい価値創造に向かって-

「耐震補強」という構造改修に対する要求は、近年その質を大きく変化させてきている。
今回の「特集:デザインと耐震」では、その現状をエンジニアとデザイナー4つの視点から議論していきたいと思う。


1. 

イントロダクション


anchor flag

「耐震補強」は既存建物の構造的な耐震性能を向上させる基本的な目的から、外装・内装のデザイン、設備の再構築など、いわば建物全体のバリューアップベースとしてのソリューションが求められる段階にシフトしてきてしている。
われわれも、ユーザーの施設資産価値の向上をになうものとして、その要望に応えていかなくてはならない。

anchor flag

イントロダクション




 1995年1月の阪神淡路大震災をきっかけに建物の耐震性能への注目が急激に高まったのは周知の事実である。また、2004年10月の中越地震では、地震による被害影響が発生当時だけでなく、長期的な影響として企業の事業継続性さえ左右することがも明らかになった。
このため、最近では新築の建物は地震に対するリスクマネジメント意識の高まりから、施設によって必要とされる耐震性能を明確化し、それに対応する地震対策を行なう、というプロセスが当たり前のようにになってきている。

 それはまた、耐震性能が不充分だからという理由で応急処置的に補強することから、建物の価値を高める(バリューアップ)ための補強へと耐震補強へのニーズが変化する動きとも軌を一にしている。
言い換えれば、耐震補強という単品へのオーダーから、耐震補強も必要要素の一つとする施設全体の価値向上を考える際のトータルなソリューションへの展開ということになるであろう。
 もはや、耐震補強は「安全」を巡るだけの論議ではなく、施設価値としての論議が必要になってきていると言える。

 そして、ここで求められているバリューアップの意味には、単に耐震性能の向上をはかるだけでなく、設備の機能更新や機能変更、外装や内部空間のデザインの見直しや刷新といったことが含まれている。

 現在、こうした要望は、資産として保有する施設のリニューアルやコンバージョンを検討する組織、企業であれば管財部門や施設部門の方、またはデベロッパーの方からも多く寄せられている。
 われわれも、ユーザーの施設資産価値の向上をになうものとして、その要望に応えていかなくてはならない。

 「特集:デザインと耐震」では、こうした命題と課題認識を前提にとらえている。そして、ここでいう「デザイン」とは単なるビジュアルを指すのではなく、「価値」をもたらす存在としてのデザインであり、「耐震」もまた同様な定義として位置づけている。

 今回は、建築のストラクチャーとデザインの豊かで多様な関係性を素描(デッサン)しようと試みた「プロローグ」における議論を受けて、「デザインソリューションへ向かう耐震補強」というテーマで企画したものである。

 耐震補強をめぐるオーナーニーズ/ウォンツの変化のなかから、その中で起きつつある耐震補強に関わる建築デザインや技術の考え方(アーキテクチャー)あるいはそれらの「価値」の捉え方の変化について、の視点や論議を収録している。
 
 最前線にいる弊社の建築家たちの取り組みと挑戦について、是非、ご一読いただき、忌憚の無いご意見を賜れれば幸いである。

ナビゲーター
林友斉(プロジェクト・アーキテクト)



水谷太郎(シニア・エンジニア)


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷