TOP >> Solution >> Special >> ユーザー本位の耐震補強を目指して
[issued:2007.09.19]

特集:耐震補強の現場 その1

ユーザー本位の耐震補強を目指して

耐震補強の進化には、単にお客様から提示された課題に応えるだけでなく、ファシリティにかかわる様々なステークスホルダーの立場から、それぞれが抱える重要な問題点を明らかにしていく必要があります。
今回の特集では、お客様にとっての最適解を追求している大成建設の「耐震補強ソリューション」の多様な側面、担当者の意識・実感、そして実際の取り組みについてお届けしたいと思います。


1. 

はじめに


anchor flag

はじめに

 
 耐震補強はその必要性が認められたとしても、コストや経営・事業に及ぼす影響の検討により、その対策は必ずしもお客様が望んだものになるとは限らない。
 耐震補強が国内で注目され、様々な取り組みが本格化して10年余り。「ソリューション」としてはまだまだ改善、さらには進化の余地があるようだ。

 私たちは、お客様に充分満足していただける「耐震補強」を提供したい、という視点から、これまでの耐震補強を見直し、どのような姿勢で耐震補強に取り組んでいくべきなのかを模索し続けている。それは補強に限らず、施設の移設、新築を含む、お客様の施設のバリューアップや事業継続性を確保するためのソリューション提案であるべきではないかと考えている。そのためには、単にお客様から提示された課題に応えるだけでなく、お客様や利用者が本当にお困りのことや、経営や事業の存続に関わる重要な問題点を明らかにした上で、その解決策を提示するという、「ソリューション」としての基本姿勢を確立する必要がある。

 今回の特集では、様々な取り組みや試みの中から、お客様にとっての最適解を追求している大成建設の「耐震補強ソリューション」の多様な側面、担当者の意識・実感、そして実際の取り組みを知っていただきたいと考え、企画したものである。
「『耐震補強のソリューション』とは、建物の耐震性能の向上の手段としてはもちろん、建物のライフサイクル全般を見据え、機能・性能を高めるという期待に応えるものである」という認識のもと、構造設計、耐震推進、FMという関連の深い3部門の専門家による座談会を行い、その現状と課題、大成建設として向かうべき方向性について議論を進めた。
 大成建設の耐震補強の方向性を明確化し提示することはもちろん、「耐震」を軸に、私たちが提供できるファシリティに関するソリューションの広がりを感じていただければ幸いである。

FM推進・成田一郎  耐震推進・杉崎良一  構造設計・小山 実


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷