TOP >> Solution >> Special >> 愛媛県庁第一別館
[issued:2014.07.10]

特集:免震レトロフィットの現場

愛媛県庁第一別館

2015年1月の竣工を目指して、免震レトロフィット工事を実施しています。その中でも重要な課程である「ジャッキダウン」の様子を中心にご紹介します。


1. 

工事の概要


anchor flag

「免震工法」が採用された理由

愛媛県庁第一別館の免震レトロフィットのあらまし

工事中の建物外観

 鉄骨ブレースによる耐震補強工法やダンパーを使った制震工法と、柱を切断して免震装置を設置する免震工法が検討されました。
 その結果、下記の点が評価されて「中間階免震工法」が採用されました。
1.移転費用や仮庁舎の費用等を含めたトータルコストが抑えられる
2.防災拠点としての安全性が非常に高い
3.工事中の執務への影響が抑えられ、庁舎利用者の利便性を確保
anchor flag

建物概要・免震工事概要

構造:SRC造
竣工:1980年
階数:地下3階/地上11階/塔屋2階
建築面積:1,651.54m2
延床面積:20,398.85m2
免震位置:地下1階中間階免震
発注者:愛媛県
設計監理:株式会社松田平田設計
工事期間:2012年10月13日〜2015年1月31日
工事概要:
 ・地下1階免震装置設置
 ・建物外周部ドライエリア構築
 ・エレベーター改修
 ・その他、免震化に伴う電気・空調・衛生設備改修 

anchor flag

工事のあらまし

正面入口前の仮囲いにて
正面入口前の仮囲いにて

 愛媛県庁第一別館の免震レトロフィット工事について、愛媛県イメージアップキャラクター「みきゃん」を加えて来庁者へわかりやすくご紹介しています。
(正面入口前の仮囲いにて)
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷