TOP >> Solution >> Special >> 福井市庁舎別館
[issued:2015.12.28]

特集:免震レトロフィットの現場

福井市庁舎別館

大規模改修工事・耐震改修工事

福井市庁舎別館で実施されている「庁舎を使いながらの大規模改修工事・免震レトロフィット工事」の様子をご覧頂けます。


5. 

設備設計者からのコメント


anchor flag

今回、設備設計を担当した久保田祥彰室長から、お話を伺います。


 


●プロポーザル提案を実施設計にまとめるにあたって、工夫したポイントを教えてください。
当社が手掛ける庁舎の免震レトロフィットでは「基礎免震」が多いのですが、今回は「地下1階柱頭免震(中間層)」が採用されたので、地下1階の設備機械室が免震化工事によって受ける影響にどのように対応するかを考える必要がありました。
第一のポイントは、居ながらで免震層の工事を行うために、地下1階の工事を2段階に分けてもらい、設備インフラが極力停止しない計画としたことです。
第二のポイントは、設備機器をすべて免震建物側の1階床下から吊り下げる計画としました。これにより、外部インフラからの接続部には免震継手を使いますが、建物上部へのインフラルートには免震継手を必要としないため、施工しやすい計画となります。

●設備機器はとても重たいイメージがありますが、吊り下げることで問題はないのですか?
重たいものを吊る場合は梁で受けることになりますが、計画をしっかりしないとダメなんです。今回は架台を建築で構築してから、その上に設備機器を乗せる方法を取ったので、構造とうまく相談しながら収めることができました。

●吊り下げ方式にするメリットを教えてください。
吊り下げ方式で免震建物側に設備機器を設置することにより、地震時の損傷を最小限に抑えることが可能となります。

●どのような検討・計画・対策が必要なのか、どのような工夫をしていますか?
今回のような大規模改修で考慮しなければならないことは居ながら工事に対応することです。空調はガスヒーポンへの更新工事が終わるまで既存熱源と空調機を使用していき、切り替えは出来るだけ使う側に負担をかけないように、空調使用頻度が少ない時期(2016年春)に工事をします。給排水や電気については新たにインフラルートを構築することで、既存の設備を生かしながら改修する計画としました。

●省エネへの対応は?
トイレ改修で古い便器や水栓を更新するため、大幅な節水につながります。また、ガスヒーポンによる個別空調やLED照明を採用することで、省エネを実現しています。

●最後に、設計者の立場から、久保田さんのコメントをお願いします。
実施設計を始めてから、市の担当の方と密に打ち合わせを行い、スムーズに進捗しました。設備は竣工した後、実際に使い始めてから問題点が出てくる場合があるので、そこは十分に気をつけて、市役所の職員の方、利用する市民の方が満足して頂ける建物になるように設計していきたいと思っています。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷