TOP >> Solution >> Special >> 福井市庁舎別館
[issued:2015.12.09]

特集:免震レトロフィットの現場

福井市庁舎別館

大規模改修工事・耐震改修工事

福井市庁舎別館で実施されている「庁舎を使いながらの大規模改修工事・免震レトロフィット工事」の様子をご覧頂けます。


6. 

現場所長からのコメント


anchor flag

今回、現場所長の天野修所長から、本工事への意気込みを伺いました。


 


◆まず、自己紹介をさせて頂きます。
この度、福井市庁舎別館耐震改修工事を担当する事になりました、大成・技建特定共同企業体の作業所長を務める天野です。
簡単に自己紹介をさせて頂きますと、私は平成2年に大成建設に入社し、以後ずっと現場での業務に携わっております。平成22年からは現場を預かる作業所長として、主に福井、石川、富山の北陸3県で仕事に従事してきました。工事竣工まで、今後ともよろしくお願いいたします。

◆福井市庁舎別館の建物について。 
今回工事を行う別館は昭和37年竣工という事で、昭和41年に私がこの世に生まれる少し前に完成した築53年の建物です。恐らく建築当時は建物の寿命が約50年などと言われていた時代だと思いますので、当時の考えから言えば、そろそろその時期を迎えている事になります。今回の工事の大きな目的の一つは、いずれ訪れる市庁舎の移転時期までの、あと約30年を安心して使える建物に生まれ変わらせるという事です。そうするとこの建物は約80年の生涯を送る事になりますので、ちょうど私が寿命を迎える頃にその役目を終えるという事になるでしょう。自分と同じ時代を見てきた建物を、自分の手によって私の残りの人生と同じものを見ていく建物に生まれ変わらせるという事になるので、少し感慨深い思いを抱いております。

◆今回の工事の特徴について。 
今回の工事の大きな特徴は、数ある耐震改修工法の中から、最も耐震性能を向上させる免震工法を採用している事です。通常の耐震改修工法は、建物の強度を増して地震のエネルギーに対抗する為、地震時の建物の揺れの大きさは変わりません。建物自体は揺れに耐える事が出来ても、執務空間の什器類・設備類には改修前と同じ被害が発生する事になります。しかし免震改修は、免震装置が地震のエネルギーを吸収・低減する事により、建物の揺れそのものを小さく出来るため、執務空間の被害も低減する事が出来ます。

また免震工法のもう一つの大きな特徴に、装置を据え付けるフロア以外の部分の工事を飛躍的に少なく出来るメリットがあげられます。通常の耐震改修は、各階にブレース等の補強部材を取付けたり、柱や梁を補強したり、新たに耐震壁という壁を作る工事が発生します。
また構造補強を行う事により、従前の執務空間が狭くなったり、採光が悪くなったりするデメリットもあります。今回の免震装置設置フロアは地下1階なので、現在執務を行っている地上階部分には、施工中も工事完了後も殆ど影響を及ぼす事なく工事を進める事が出来ます。

更に今回の改修工事では建物の電気・空調・衛生・エレベーターといった、建物を使う皆さまの快適さに直接影響する部分も一新します。こちらの工事は5階を仮執務スペースとして活用しながら工事を進めていく事により、各階工事中の仮移転に対する、職員や利用者が受ける不便さを最小限に抑えて工事を進める計画です。

今回の工事は竣工が平成30年3月であり、約30ヵ月弱という長い時間をかけて施工を進めてまいります。既存建物を免震化する工事自体が、そこら中どこでもやっている工事ではない難易度の高い工事であり、更に建物自体を使いながら工事を進めていくという条件を満たさなくてはなりません。工事を行う上で、まずは市庁舎利用者並びに職員の皆さまの安全確保を最優先課題として施工に取り組んでまいります。
また改修工事という性格上、騒音・振動・埃を発生させる解体工事も伴いながら工事を行っていきますが、利用者のご不便を最小限に抑えるための工法を採用し、その影響を出来るだけ小さくしながら工事を進めていく所存です。

◆最後になりますが、福井市民の皆さまへ、ひと言お願い申し上げます。
工事中は何かとご不便、ご面倒をお掛けする場面もある事とは思いますが、竣工の暁には利用者の皆さまに喜んで頂ける建物をお渡し出来るよう、日々努力していきますので、ご理解とご協力をお願いしたいと思っております。

また今回の既存建物の免震化工事は、福井県で初めての工事となります。福井市役所の関係者の方々は、今回の工事内容を広く市民の皆さまに知って頂くべく、現場見学会などを企画中です。我々施工者も出来る限りの協力を行いたいと思っておりますので、是非とも足を運んで頂ければ、我々としてもうれしい限りです。

それでは市民の皆さま、長い間皆さまに親しまれてきた別館が、30か月後に生まれ変わる姿を楽しみにしていて下さい。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷