TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> 新潟県中越地震はどのような地震だったのか?
[issued:2005.09.01]

新潟県中越地震はどのような地震だったのか?

-地震動分析と免震効果-

新潟県中越地震の被害と教訓を基に、震災から生活、事業を守るためにはどうするべきかを考えます。

久野雅祥ポートレイト大成建設(株)
LCC推進部 耐震推進室
参与
久野雅祥

1. 

震源地と地震の規模


anchor flag
 2004年10月23日17時56分頃、新潟県中越地方を震源とするマグニチュード6.8の地震が発生し、新潟県川口町で震度7の揺れを観測しました。また、同日18時11分と18:34分に最大震度6強の余震が発生しています。
 本震を含む一連の地震は、北東-南西方向に走向を持ち、西側の地盤が東側に乗り上げる逆断層の地震です。気象庁によると、今回の地震は、
1.本震を起こした断層
2.18時34分の地震を起こした断層
3.10月27日10時34分の地震を起こした断層の3つの断層によって発生したこと
が指摘され、これら3つの断層が活動したことが、活発な余震活動につながっていると報告されています。
逆断層の概念図

▲逆断層の概略図
(国土交通省・建築研究所ホームページより)


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷