TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> 耐震補強のROI(費用対効果)
[issued:2005.09.01]

耐震補強のROI(費用対効果)

ROI【Return On Investment】

地震対策にかかる費用とその効果とは何か?
地震対策の基本ともいえる耐震補強。その費用対効果(ROI)の検証を評価手法と参考データにより行います。

菱沼慎夫ポートレイト大成建設(株)
LCC推進部 耐震推進室
次長(当時)
菱沼慎夫

1. 

耐震性向上プロジェクトとワークフロー


anchor flag
一般的な補強診断のワークフロー
一般的な補強診断のワークフロー

 最近多発する比較的大きな地震や、「東海地震」「南海・東南海地震」などの発生を危惧する報道により、地震に対する関心が高まっています。また、人命保護だけでなく、事業継続(BC)の観点からも、ベースとなる建物の耐震性向上への取り組みも促進されるようになってきました。
 その一方で、施設の耐震化において、その投資の全体構造が各段階を経ないと提示されにくいことと、耐震性向上自体への投資効果がすぐには(地震が発生しないと)経営に反映しないこともあり、経営判断が難しいというのが現状ではないでしょうか。
 一般的に、耐震補強を計画する場合、補強工事のみを単独で行うことは少なく、その他のリニューアルと同時に実施するケースがほとんどです。これは耐震補強工事の周辺工事(仕上げの撤去、復旧、建物利用者への配慮)との関連やサッシやガラス、設備機器、配管といった構造体以外の部材も更新することで、全体的な耐震性能のアップに加え、建物全体の付加価値の向上が図れるといったメリットが大きいためといえます。
 

ROI【Return On Investment】とは事業に対して投下した資本から生まれる利益の比率ことで、ここでは、地震対策に対するファシリティ投資とその経営への効果について検討したいと思います。
ROI(投下資本利益率)=(経常利益+支払利息)÷(借入金+社債発行額+株主資本)

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷