TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> はじめての人のための「耐震診断と耐震補強の進め方」─基礎知識編─
[issued:2009.4.15]

はじめての人のための「耐震診断と耐震補強の進め方」─基礎知識編─

耐震診断や耐震補強など、建物の耐震性の問題に取組むにあたって多くの人が抱える不安や悩み、数々の疑問に実務ベースでお答えします。

杉崎良一ポートレイト大成建設(株)
LCC推進部 耐震推進室
参与
杉崎良一

3. 

耐震診断、耐震補強の実際とその費用について


anchor flag
耐震診断の様子
耐震診断の様子(ムービー:大成建設の耐震診断、耐震補強より)
構造設計が現行の基準に対してどの様になっているのかを計算により判定します。

検討を進める上でそれにかかる「費用」は大きな問題です。
最初に行う「耐震診断」は、現在の基準による構造設計と比較する作業になり、およそ2から3ヶ月程度の期間が必要になります。診断費用は建物の階数と延べ面積によって変わり、計算を行う「診断費」と「建物調査費」とで構成されています。

耐震診断費用の目安(2次診断)
鉄筋コンクリート7階建ての建物の場合  単位(千円)



「建物調査」では、実際の建物と図面との整合性を調べたり、コンクリートの強度などをサンプリングして設計図書通りの強度が出ているかを調べます。実際に補強工事の予定が無く、現状の耐震性を把握したいだけという場合などでは省略する場合もありますが、その後補強を行う事になった場合は、やはり調査を行い、その結果を反映した再計算を行うことになりますので、できる限り同時に調査を行っておいた方が良いでしょう。
なお、調査でのサンプリング数は、前ページの「認定」を受ける場合には、そのために必要な抜き取りの箇所数が決まっていますので、この段階で計画全体の方向性を検討しておく必要もあります。
鉄骨ブレース補強の工事状況
鉄骨ブレースによる補強工事の様子
画像をクリックすると、オンライン講座「壁補強の方法とポイント」にジャンプします。

耐震診断の結果、耐震性が基準を下回った場合には補強設計を行って補強工事を実施する事になります。
耐震補強では鉄骨ブレースを建物に組み込むなど構造体そのものに手を入れる工事となります。補強材を既存の構造体に結合するため仕上げの撤去やアンカー筋の打設などが必要になり、施工中の騒音や振動、粉塵等がしばしば問題になります。また、通常のリニューアル工事と異なり、鉄骨材等の重量物を取り扱ったりするため、それらの運搬や揚重、仮設等ある程度規模の大きな工事となる場合があります。
耐震改修の費用イメージ
耐震改修の費用イメージ
耐震改修は全フロアが対象となるため、費用単価も全フロアを考える必要があります。(20万円/坪は過去の事例をもとにした概算単価です。詳細は画像をクリックして関連コンテンツをご覧下さい)

※こちらは2009年4月時点の情報です。

工事費用については、建物を使いながら行うなど、施工条件等によって違いますが、一般的な耐震補強であれば延べ床面積に対して20万円程度/坪というのが一つの基準となります。

一般的には相談の段階から耐震診断を行い耐震補強が終了するまでには1年程度のプロジェクトとなります。予算の点でもスケジュールの面においても「ちょっとした改修」程度に考えていると大きく算段が狂う事になります。また、工事に伴い騒音や振動が発生することから、近隣とのコンセンサスを十分に取っておく事も必要になります。
耐震補強のROI(費用対効果)

地震対策にかかる費用とその効果とは何か?
地震対策の基本ともいえる耐震補強。その費用対効果(ROI)の検証を評価手法と参考データにより行います。

技術力、現場力、そして人間力で実現する「使いながら」

いまや一般化しつつある「使いながらの耐震補強」。
建物を事業活動の場として使いながら耐震補強は、建物の診断力、補強の設計力に加え、確かな「現場力」によって実現します。


壁補強の方法とポイント

耐震補強工事の方法と施工のポイントを、動画をまじえてわかりやすく解説する、オンデマンド講座です。
壁の耐震補強工法では『RC増設壁』『鉄骨ブレース』『クロスウォール』に関する解説がご覧になれます。

柱補強の方法とポイント

耐震補強工事の方法と施工のポイントを、動画をまじえてわかりやすく解説する、オンデマンド講座です。
柱の耐震補強では『炭素繊維シート巻き補強』『鋼板巻き補強』のも関する解説がご覧いただけます。


ヒト・建物・空間に「やさしい」耐震補強

耐震改修を取り巻く環境が整備され、耐震化への取り組みが進む一方で、補強に踏み切れない建物が少なからず見受けられます。その原因と解決策を解説するとともに、ベストな耐震補強には何が必要かを考えていきます。

大成建設では「やさしい」をキーワードに、建物を使いながらの耐震補強に取り組んでおります。
耐震補強に関するご相談等、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷