TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> 旧耐震建物への投資、その検討ポイント
[issued:2012.09.19]

旧耐震建物への投資、その検討ポイント

─経営者を元気にするためのファシリティマネジメントの取り組み─

旧耐震建物にとって大きな課題である耐震化投資について、ファシリティの活用と将来像という観点から考察します。

丸山玄ポートレイト大成建設(株)
LCC推進部 FM推進室
課長
丸山玄

4. 

経営者を元気にするファシリティに向けて


anchor flag

多面的に捉えるファシリティ投資
 

課題の最小化だけでなく、価値の最大化や追加を同時に考えていきます。
課題の最小化だけでなく、価値の最大化や追加も同時に考えていきます。

こうしたファシリティへの投資を考えていく上では、改善すべき一つ一つの要素に対しても多面的に捉えていくことが重要です。
それは、分母に有形価値評価、分子に無形価値評価をおき、分母を最小化しながら分子を最大化させるための投資バランスの検討であり、そのファシリティを経営リソースとしてどう位置づけ、活用するか、将来ビジョンに合わせたデシジョンメイクの作業になります。
今回のテーマである「旧耐震基準の建物への投資」についても、判明した「耐震性能の不足」というマイナス要素を減らすための投資という面だけでなく、それが利用者や建物周辺への安全性の提供や、そこから伝わる信頼性の獲得といったプラス要素の追加という面でも捉えることができます。 こうした多面的なアプローチによる「耐震性能評価の向上」についての検討は、経営課題でもある「テナント競争のアドバンテージ獲得」や、「従業員のモチベーションアップ」、「ブランドイメージの体現」などの解決にも繋がっていきます。

経営リソース


ファシリティとは、人々が働く空間であり、事業実現の場そのものです。
そこには、その為の機能や性能が必要となり、それはもはや経営上の一資産ではなく、経営における重要なリソースといえます。 ファシリティへの投資はビジネスの将来像とあわせ、強みを活かす無形価値の観点も含めて多面的に考えていくことで、よりよいソリューションに近づけるのではないでしょうか。そして、耐震化への投資も、こうして多面的にそのニーズや課題を捉えることで、経営の視点から新たな価値創造に向けての大きな効果をもたらすものにしていくことが可能になり、経営資源としての価値、投資価値の向上へとを実現していきます。

 
T-PALET
T-PALET

大成建設の「TーPALET」は、リラックスした雰囲気の中で個別インタビューを実施。対象施設とご存知の施設を比較しながら真の悩みやニーズを引き出すことで、ファシリティマネジメントの戦略・計画、運営維持に活用します。

大成建設のファシリティマネジメント
大成建設のファシリティマネジメント

「ファシリティを経営に活かすこと」
大成建設のFMは、施設を経営資源としてとらえ、強固な経営基盤づくりをサポートします。

目指せ!オフィスのバリューアップ!
目指せ!オフィスのバリューアップ!

みんながHAPPYになれるオフィスとは?
ファシリティマネジメントの視点から6回のシリーズで解説します。
(WebLibraryサイトにジャンプします)


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷