TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> 地震時の荷落下防止のための基本対策
[issued:2012.12.19]

立体自動倉庫の地震対策2

地震時の荷落下防止のための基本対策

─ラックの揺れを抑える制震マスダンパー─

現在、様々な対策方法が取られている立体自動倉庫の地震対策。
荷姿や運用法の工夫に加え、ラックの揺れを抑えるという基本対策が、これからの立体自動倉庫における地震対策の要になってきます。

大村直明ポートレイト大成建設(株)
エンジニアリング本部 ロジスティクス・ソリューショングループ
グループリーダー
大村直明

2. 

立体自動倉庫における具体的な減災対策


anchor flag

対策はソフトとハードの両面で備える
 

立体自動倉庫の地震対策

立体自動倉庫の地震対策
制震装置の導入に加え上記対策を併せて実施することで、より効果的な自動倉庫の地震対策が可能となります。

立体自動倉庫の地震対策は、まず荷の落下を防止することを考える必要があり、それにはソフトとハードという2つの側面からのアプローチがあります。

ソフト面からは、重量物をなるべく棚の下部に収納し重心を下げるなど、荷の収納方法を変えることによってなるべくラックが大きく揺れないようにし、荷物の落下を抑える方法が考えられます。これには、引当ソフトのプログラミングを変更することで対応できます。

ハード面からの対策では、ストレッチフィルムなどにより荷を一体化して荷崩れを防ぎ、落下しにくくしたり、パレットストッパーなどの落下止めをラックに施すなどの方法があります。また、フェイルセーフの観点から、落下した場合でもその後の復旧時に大きな妨げとなった電気系統の破損を防止する為のカバーや、緊急地震速報などと連動しての緊急停止も重要な施策となります。
 
anchor flag

制震によりラックの揺れを抑える
 





上記のように対策法には様々な選択肢が考えられますが、効果が高いと言われる対策は大掛かりになる傾向があります。復旧時間の短縮という観点から操業を止めないためにも、これらの要素をバランスよく組み合わせた対策を行うことが必要です。

しかし、やはり最も大きな効果が得られる対策としては、ラックの揺れをいかに抑えるかということになってきます。ラックが大きく揺れることを抑えることが出来れば、こうした様々な対策もさらに有効になってきます。

最も有効な免震は、地震の揺れそのものを建物やラックに伝えにくくするための技術で、それには建物やラックの足元に装置を挿入する必要があり、やはり大掛かりな工事になってしまいます。
しかし、ラックの揺れにブレーキをかけるという制震の考え方を導入すれば、ラック内に揺れを吸収する装置を設置することで、ラックの揺れを低減することが可能になってきます。
課題となるのは、それを如何に倉庫を稼働させながら設置するかということになります。
 
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷