TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> 地震時の荷落下防止のための基本対策
[issued:2012.12.19]

立体自動倉庫の地震対策2

地震時の荷落下防止のための基本対策

─ラックの揺れを抑える制震マスダンパー─

現在、様々な対策方法が取られている立体自動倉庫の地震対策。
荷姿や運用法の工夫に加え、ラックの揺れを抑えるという基本対策が、これからの立体自動倉庫における地震対策の要になってきます。

大村直明ポートレイト大成建設(株)
エンジニアリング本部 ロジスティクス・ソリューショングループ
グループリーダー
大村直明

4. 

対策の実施にあたって


anchor flag

より効果的な導入に向けた取り組み

─ 制震マスダンパーユニットの導入を基軸として ─
 

地震の揺れ方は、それぞれの震源やその場所の地盤性状によって様々になります。
このため、導入にあたっては一般的な波形データに加え、その立地場所での地盤特性を考慮した振動解析を行い、これもまた荷の状況で変化するラックの揺れの特性に最適化することがより効果の高い対策に結びつきます。
 
制震マスダンパーユニットの導入フロー

制震マスダンパーユニットの導入フロー
緊急性や重要度に応じて、簡易的なレベルから実証実験まで幅広いフェーズでの導入検討をサポートします。


 
とはいえ、真に最適な対策への取り組みには、導入する側のユーザー様との協働も不可欠となります。
例えば、
どの対策がどんなリスクをどの程度低減してくれるのか?
残ったリスクにはどう対応していくのか?

など、対象とするリスクへの考え方や、それが発生した後の対策などを踏まえて、目標性能を一緒に検討していく必要があるからです。

目標性能(地震応答低減性能)について

目標性能(地震応答低減性能)の検討例


地震対策に「絶対」はありません。
考えなければならないのは、荷の落下を完全に防止することではなく、可能な限りそれを低減しながら、落下したとしても最小限に留めることで「立体自動倉庫」の役割、その機能回復をいかに早くするかという「事業継続性(BC)」の観点にあります。
 
さまざまな立体自動倉庫でのに落下防止対策

さまざまな、立体自動倉庫におけるに落下対策
どれか一つを行うということではなく、施策を組み合わせることで、より効果の高い対策の実現に結びついていきます。


 
倉庫の地震対策は緊急の課題であり、これからも重要なものとなります。
制震マスダンパーユニットは、こうした課題を解決するための制震対策として、ラックの揺れそのものを抑える根本的な対策の一つです。前述のように、従来の様々な対策のベースとして導入することで、大きな効果を生むことが期待されます。
しかし、実際に地震時に正しく動作するには日常の業務や倉庫の運営、管理、メンテナンスにもこうした「BC」の視点を持って取り組むことが大切です。
減災対策は一度行なって終了なのではなく、実はそこからがスタートなのです。
 

立体自動倉庫の地震対策は、物流ネットワーク全体のリスクを含めて検討することが重要です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷