TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> ファシリティとの密接な連携で活かす「緊急地震速報」
[issued:2007.08.22]

ファシリティとの密接な連携で活かす「緊急地震速報」

∼業務回復の鍵を握る即時対応∼

地震襲来の数秒前の告知。この貴重な時間を人命確保や早期復旧へとつなげるポイントは何か。
現状の課題も含めて考えていきます。

開発チームポートレイト大成建設(株)
リアルタイム地震防災システム
開発チーム

2. 

最優先すべきは人命の安全確保


anchor flag
 技術的あるいは原理的な限界はあるものの、前もって地震の到来を知ることができるというのは防災、減災にとって非常に有益といえます。
 たとえ数秒から数十秒の時間であっても、あらかじめ行うべき行動を決め、訓練や予行演習を行っておくことで、それは余裕となりパニック状態になるのを防ぐことができると考えられるからです。心の余裕はそれだけ避難や必要な安全措置を施すことができる可能性を高めます。



可搬型無線警報システムは通常の無線LANよりも遮蔽物の影響を受けず遠くまで電波が届きます。


 その点で速報システムを利用する第一の意義は現場レベル、個人レベルでとにかく危険を報知して、今行っている作業を「止め」避難行動に移り、安全を確保するということになるのではないでしょうか。危険な作業を行っている現場であれば即座に中止することが、自らの安全はもちろん、その後の被害拡大を防ぐことにもなります。また、日常的に使用されているエレベーターなどでも、揺れが来る前に緊急停止することでその後の閉じ込めなどの被害を防ぐことができ、安全の確保に加えて確認作業や救出に費やす時間の削減にもつながります。
 しかし、こうした「緊急行動」はいきなりできるものではありませんし、心構えだけでも行動にはなかなか移せないものです。システムの導入は、それだけでなく、あらかじめの計画と日常的な訓練とセットで行うことが肝要です。
RC造の耐震補強

耐震補強とは不足している耐震要素を補完するということ。大成建設は「やさしい」をキーコンセプトに、費用対効果の高い耐震補強をご提供します。

鉄骨トラス造の耐震補強

一般的な工場施設はほとんどが長方形をしており、中に広い空間を確保する必要があり、耐震補強もこうした特性を考慮して計画します。


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷