TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> ハイブリッドTASS構法の免震効果
[issued:2006.09.20]

ハイブリッドTASS構法の免震効果

-震度6強を経験した免震建物-

画期的な長周期化を実現し、高い免震効果を誇るハイブリッドTASS構法。
今回はその効果を実際の地震で計測されたデータを基にご紹介します。

勝田庄二ポートレイト大成建設(株)
設計本部
グループリーダー
勝田庄二

1. 

「すべり」使った複合免震で高い効果を実現


anchor flag


 
 大成建設のハイブリッドTASS構法はすべりを併用した複合免震構法です。免震の命といえる建物の長周期化に優れており、強い地震の揺れに対して低減効果の高い免震構法です。ハイブリッドTASS構法はこれまでに50件を越える採用実績(2006年7月現在)を重ねてまいりました。中には近年発生した地震を経験した建物があり、いずれも期待通りの免震効果を発揮してきたことが確認されています。

 特に2004年の新潟県中越地震においては、国内の免震建物としてははじめて震度6強、最大加速度808ガルという、1995年の阪神・淡路大震災の揺れにも匹敵する地震の洗礼を受けましたが、高い免震効果を発揮し被害を最小限におさえるとともに、頻発する強い余震の中で、地域の安全確保や復旧活動にも大きく貢献したということです。
 そこで、今回のTaisei's Eyeではこの新潟県中越地震での例をはじめ、ハイブリッドTASS構法が実際の地震において発揮した免震効果について、実績の中からピックアップした総集編としてご紹介いたします。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷