TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> 地震被害と天井の対策
[issued:2006.11.15]

地震被害と天井の対策

近年、注目されている大規模空間における天井の落下、崩落の被害と対策について、行政指針を中心にその現状と概要をご紹介します。

高山正春ポートレイト大成建設(株)
設計本部 構造計画グループ
グループリーダー
高山正春

1. 

地震と天井被害


anchor flag

最近の地震による天井の被害事例

 地震による天井の破損、脱落等による被害はこれまでにも報告されていましたが、直接人命に関わる危険性があまり高くないことなどから、建物の倒壊等の陰に隠れ、人々の間で話題となることは多くありませんでした。

 しかし、2001年の芸予地震をはじめとして、近年の地震により体育館や公共施設等の大規模な空間を持つ建物において天井が破損・崩壊する被害が相次いで報告、報道され、その安全性が人々の間で大きな関心事となって来ています。

 これらの地震による天井の被害からは、在来工法の天井やシステム天井等、天井の種類によって違いが見られますが、在来工法天井では、下地や天井ボード等天井全体が概ね一体化されているため、ひとたび天井落下が始まると連鎖的に天井全体に広がる可能性があることもわかりました。
 一方システム天井では各メーカーにより違いはありますが、グリッド状のシステム天井では局所的な力が加わったとされる所々の天井落下が見られ、ライン状のシステム天井では、天井材を載せたTバー間の距離が変化し、下地ごと天井材が落下する被害が見られています。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷