TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> 免震レトロフィットの採用ポイント
[issued:2007.02.15]

免震レトロフィットの採用ポイント

∼安全、安心。そして、その一歩先へ∼

免震レトロフィットは単に耐震性能を確保するだけでなく、経営戦略、BCPなどに大きなメリットをもたらす可能性を秘めています。

杉崎良一ポートレイト大成建設(株)
LCC推進部 耐震推進室
参与
杉崎良一

1. 

耐震補強と免震レトロフィット


anchor flag

はじめに

 大成建設が1997年に湯河原研修クラブで日本初の基礎免震レトロフィット、世界初の中間階免震レトロフィットを実施してからちょうど10年になります。近年、「免震」という言葉も一般的になり、病院などの医療施設や美術館等では「免震」は着実に普及しているといえます。
 この「免震」を既存建物の地震対策として利用し、建物を使いながら免震建物に生まれ変わらせる「免震レトロフィット」。その適用には敷地や建物の立地条件やコストの問題がある様に見えますが、実はそのハードルはそんなに高くはないのです。

anchor flag

耐震補強と免震レトロフィット



免震構造
免震装置が地震揺れを緩和し、建物に伝わりにくくします。

 耐震補強は壁や柱を補強することによって地震に対する建物の強度および粘りを高めます。
 これに対して免震レトロフィットは、既存の建物と地面の間に免震装置を設置し、地震の揺れそのものを減じるものです。
 激しい地震の場合でもゆっくり大きく揺れるので、建物そのものの被害だけでなく、内部の設備や什器の転倒、損壊を防ぐことができます。そのため、免震レトロフィットを施すことで、地震後も建物の機能を維持することができるのです。

 建物の機能維持は、被災後も安心して居住できるだけでなく、近年、経営課題として注目されている「事業継続(BC)」の中心施策ともいえるもので、耐震改修を考える際には単なる安全性だけでなく、建物の用途や目的に合わせて耐震改修で十分なのか、免震レトロフィットが必要なのかを検討することが大切です。
免震装置の設置場所 免震装置は周辺状況や建物の使用状況などを考慮して設置位置を選定しますが、基礎下部に設置する「基礎免震」と地下または地上部分の中間階に設置する「中間階免震」に分けられます。
免震は様々な場所に設置することができます
免震レトロフィットでは周辺状況や建物の使用状況などを考慮して免震装置の設置位置を選定します。基礎下部に設置する「基礎免震レトロフィット」と地下または地上部分の中間階に設置する「中間階免震レトロフィット」に分けられます。

RC造の耐震補強

耐震補強とは不足している耐震要素を補完するということ。大成建設は「やさしい」をキーコンセプトに、費用対効果の高い耐震補強をご提供します。

免震レトロフィット(免震補強)

今ある建物を使いながら免震建物に!
免震レトロフィットは、建物を使いながら基礎部分や中間階の柱等に新しく免震装置を組み込むことによって、既存の建物を免震建物に生まれ変わらせる「免震補強工法」です。


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷