TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> あきらめない地震対策
[issued:2007.11.21]

あきらめない地震対策

∼建物を「使いながら」の補強を実現するために∼

補強工事中の影響と補強後の使い勝手への影響の両面から耐震補強を計画・実施するためのポイントを解説します。

勝倉靖ポートレイト大成建設(株)
設計本部 耐震計画Gr
シニア・エンジニア
勝倉靖

1. 

Keep Your Activityで臨む耐震補強


anchor flag


 
 一般的な補強では、必要なブレースや壁の増設にともなう「使い勝手への影響」や工事にともなう「騒音、振動などの影響」があり、場合によっては一時的な移転や補強後のレイアウト変更なども検討する必要がある場合があります。
 大成建設は、耐震補強計画の立案において、こうした建物の使い勝手や施工中の使用性を維持する、いわば「Keep Your Activity(補強中、後の施設での活動を維持する)」という姿勢を大事にしています。

 建物の用途はオフィスビル、商業施設、工場でそれぞれ違うように、そこでのActivityも異なったものとなります。また、同じ用途の建物であってもそこでの活動が定時に限られるものもあれば、24時間365日稼働しているものもあるといったようにビジネスのありかたによってもActivityは異なっています。

 このように「建物を使いながら」を実現するためには「何が解決すべき課題となるのか」を正しく把握することがポイントとなり、それは大きく次の3つに集約することができます。

時間  24時間活動しているオフィスや工場、商業施設などではいつ施工するかが重要なポイントとなり、最も影響の少ない時間や時期に工事することが求められます。
場所  補強する場所について、補強後の使い勝手はもちろん、工事計画(動線や足場の設置、資材の置き場等)においても配慮する必要があります。
状況  施設の使われ方や環境を考慮し、施工中の影響(振動、騒音)を排除する工夫や工法を選択します。

 こうした時間(Time)、場所(Place)、状況(Occasion)の3要因(TPO)の視点からお客さまのActivityをひもといていくことで、どこにプライオリティを置くべきかを判断し、日常活動に対するインパクトを最小限に押さえる計画を検討していきます。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷