TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> 耐震診断結果の読み方と補強目標の検討
[issued:2006.08.09]

耐震診断結果の読み方と補強目標の検討

─耐震指標:Is値の意味と必要な耐震性能とは?─

一般的に補強計画においては、耐震指標Is値が0.6を上回ることが目標となりますが、それはどのような耐震性能を意味するのでしょうか?

永井裕ポートレイト大成建設(株)
設計本部
シニア・エンジニア
永井裕

2. 

Is値と地震被害


anchor flag


過去の地震におけるIs値別の被害分布
(Is値が0.6を越える建物では中破以上の被害がほとんどない)


 右の図は、既存の鉄筋コンクリート造建築物のIs値の分布に、1968年十勝沖地震(M7.9、震度5)と1978年宮城県沖地震(M7.4、震度5)で中破以上の被害を受けた建築物のIs値の分布を重ねたものです。また、中破とは、柱や耐震壁にせん断ひびわれが生じている状態です。

 このIs値は2次診断により算定しています。「(財)日本建築防災協会の耐震診断基準」には1次、2次、3次の診断方法がありますが、2次診断はその中の一つで、構造部材の一つである「梁」は十分な強さがあると仮定し、柱と壁の強度からIs値を計算する診断法です。一般的に「耐震診断」という場合は、この2次診断を指すことが多い様です。

 この図から、Is値が0.6を下回るとIs値が低くなる(左方向)に従って被害を受ける割合が高くなることがわかります。
 実際の大地震では、地震動や地盤の差異などにより建物被害にはばらつきがあります。Is値の低い建物の全てに被害が生じるわけではありませんが、逆にIs値が高くとも大きな被害を受けたものもあります。
 
「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」の告示(旧建設省告示 平成7年12月25日 第2089号)によるとIs値の評価については以下の様に定めています。

■Is値が0.3未満:地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が高い。
■Is値が0.3以上0.6以下:地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性がある。
■Is値が0.6以上:地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性か低い。


 つまり、Is=0.6が持つ耐震性能とは、下記の表の様に中地震では中破以下、大地震では大破以下の被害にとどめ、崩壊や倒壊にはいたらないと言う現行基準法の耐震基準に準拠するものであるといえます。
 

*Is=0.6の性能では、建物の被害を小破や中破程度以下にとどめ、崩壊・倒壊等の大きな被害を受ける可能性は低くなります。


 
こうした「耐震性」の意味をふまえ、次ページでは、「では、耐震補強の目標設定はどの様に考えればいいのか?」「補強の方法とその特徴はどの様なものがあるのか?」等についてご説明したいと思います。


はじめての人のための「耐震診断と耐震補強の進め方」─基礎知識編─

耐震診断や耐震補強など、建物の耐震性の問題に取組むにあたって多くの人が抱える不安や悩み、数々の疑問に実務ベースでお答えします。

耐震診断を受けたい

耐震診断を受けるには、費用や時間はどのくらいかかり、どのような点に注意して準備すればよいのでしょうか?


耐震診断と耐震補強を考える

このコーナーでは、建物の耐震性とは何か?について解説するとともに、最適な耐震補強プロジェクトのための基礎知識としての「耐震診断」と「耐震補強」について解説します。

耐震補強のROI(費用対効果)

地震対策にかかる費用とその効果とは何か?
地震対策の基本ともいえる耐震補強。その費用対効果(ROI)の検証を評価手法と参考データにより行います。


ヒト・建物・空間に「やさしい」耐震補強

耐震改修を取り巻く環境が整備され、耐震化への取り組みが進む一方で、補強に踏み切れない建物が少なからず見受けられます。その原因と解決策を解説するとともに、ベストな耐震補強には何が必要かを考えていきます。

2006年度改正:スタートした耐震改修促進計画

「待ったなし」で進む行政の地震対策への取り組み。その傾向と対応について概観するとともに、何が必要か、どうすべきかについて考えていきます。


  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷