TOP >> Solution >> Taisei's Eye >> 耐震診断結果の読み方と補強目標の検討
[issued:2006.08.09]

耐震診断結果の読み方と補強目標の検討

─耐震指標:Is値の意味と必要な耐震性能とは?─

一般的に補強計画においては、耐震指標Is値が0.6を上回ることが目標となりますが、それはどのような耐震性能を意味するのでしょうか?

永井裕ポートレイト大成建設(株)
設計本部
シニア・エンジニア
永井裕

1. 

耐震指標:Is値とは何か?


anchor flag
 1981年以前の旧の耐震基準で設計された建物は、設計法が異なるため、現在の基準に基づいた検証では耐震性を正しく把握することが困難です。このため、耐震診断では柱や壁の強度を計算し、構造耐震指標Is (Seismic Index of Structure)という指標を用いて耐震性を判定します。



耐震基準に関する変遷
1981年の改正で耐震基準の基本的な考え方が変わり、それ以前を「旧耐震」以降を「新耐震」という

 過去の地震被害の研究から、診断の結果、耐震指標であるIs値が0.6以上ある建物は、震度6強程度の大地震に対しても、建物が倒壊や崩壊する危険性は低いと考えられています。逆にIs値が0.6未満の建物の場合は大きな被害を受ける可能性が高くなり、そのため耐震補強が必要とされています。

 その際の補強目標としては、一般的な建物ではIs値を0.6以上としていますが、建物の重要度により目標のIs値を大きな値とする場合もあります。また、後述しますが、診断方法が1次診断であった場合はIs値=0.8が基準値となります。

 このように、耐震指標:Is値=0.6は、旧基準の建物の耐震性を評価する上での判断ラインとなっており、補強を考える上でも満たすべき最低限の目標値となっています。これは、「Is=0.6」の建物は「必要な耐震強度に対し100%の強度を持っている」ことを意味しており、「耐震強度が60%」ということではありません。
では、このIs値と耐震強度について、もう少し詳細に解説しましょう。
  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷