TOP >> Solution >> お客様の声 >> 富士通様の事業継続を支えるMiC免震の効果とは?ーその1ー
[issued:2007.09.18]

富士通様の事業継続を支えるMiC免震の効果とは?ーその1ー

富士通三重工場長 大野秀樹様インタビュー

最先端の半導体工場で実証された中小地震での免震効果!富士通様の事業継続を支えるMiC免震の効果とは?


anchor flag

人が歩く微振動レベルでさえ制御が要求される最先端の半導体工場。
三重県中部地震(2007年4月15日)により震度3の揺れを受けた富士通株式会社 三重工場では、MiC免震の採用により点検後1時間以内で操業を再開することができました。

anchor flag
万全な地震対策で富士通への信頼感を支え、市場での競争優位性を高めます。 富士通三重工場長 大野秀樹(おおのひでき)さん


地震発生時のリアルな状況や現場での対応とMiC免震システム導入の評価などについて、三重工場長の大野 秀樹(おおの・ひでき)さんからお話を伺いました。
 

富士通様の半導体部門における三重工場の位置づけについてお話ください。

当社の半導体前工程(ウェーハと呼ばれるシリコン基板の上に集積回路を造りこむ工程)製造拠点は、岩手、会津若松、三重など国内5ヶ所、後工程(前工程で作られたICチップを分割・選別し各種パッケージに組み込み製品化する工程)工場は全国内4ヶ所あります。
三重は前工程工場の中でも、最先端の生産技術を駆使し、ますます高機能、微細化の進む半導体の開発・試作から量産までを一貫して行っています。当然ながら万全な地震対策が不可欠でした。

 
 
半導体工場の地震対策、BCMはどうあるべきかお話しください。地震発生時の対応はどのようなルールや方法で進められるのですか。
 
当社は地震などの災害対策の基本方針として、
1)人命保護第一
2)二次災害の防止
3)お客様のビジネスを守る
4)周辺地域との協調・貢献
を掲げています。
中でも半導体のサプライチェーンの一端を担う立場から、3)お客様のビジネスを守る、という項目に関してお話しすると、2拠点以上で同じ製品を同じ品質で生産できるマルチ・ロケーション体制が1つの対応です。
しかし、三重工場は他の工場では生産が困難な最先端の製品を扱っていることから、免震構造を採用しました。
さらに、工場内でも電力や水などのライフラインはすべて多重化。工場で使用する部品・部材のサプライヤーは同じものでも2社以上と契約、1社しかなければ同じ会社で2拠点以上を確保、それも難しければ工場内で適正在庫、というように生産の継続性確保のために、考えられるあらゆる手をつくしています。

 
 
地震発生時の対応はどのようなルールや方法で進められるのですか。 

まず、地震が発生すると即時に、工場に設置してある地震計の情報が、関係者の携帯電話やPCへ自動的にメールを配信します。「地震発生メール通信システム」と呼んでおり自社で開発しました。
お客様、マスコミなど対外的な発表は曖昧な状況をご報告して心配をおかけすることはできないので、状況確認の過程を経て行うことになります。通常は発生数時間後ですが、今回の地震は規模も大きくなく、また日曜日の発生でしたので、翌日月曜日の午前に対外的な第一報を出させていただきました。

また、災害発生時の対応に関するマニュアルがあり、従業員はそれに従うことになっています。工場内には災害対策本部を即時に開設できるスペースや備品が準備されており、扉や通路の色を識別しやすくするなど、従業員の適切な判断と行動を促す工夫もしています。発生時の避難、点呼、報告などの実際の対応は、年1回行われる防災訓練を通じて定着させています。





 
 
実際の地震発生時にはどのような行動、指示をされましたか。

災害対策マニュアルでは50ガル(震度4レベル)以上の大規模地震の場合は、災害対策本部を自動召集することにしていますが、4月15日の地震は41ガルであり、召集をかけませんでした。
発生後、自分が工場に着いた時点では、MiC免震を採用した300mm 第1棟、第2棟はすでに点検を終了し稼動を再開していました。内部にいた従業員の話では、揺れているという程度の感じしかなく、マニュアルに従い冷静に対応でき、また建物の破損はどこにも認められなかったので、高精度な装置のみを集中的に点検するだけで済み、稼動再開までの時間もわずか1時間でした。測定値を見ても実際の揺れの1/3でした。
一方、同敷地内の200mm工場は耐震構造でしたので、すべてを停止し点検を行い、こちらも1日以内に稼動再開しました。
MiC免震は、当初、大規模地震対策として採用しましたが、今回のように中小規模の地震でも、半導体工場の機能を守ってくれるということが判明し、さらに信頼感を深めました。


 
 
今回の地震の経験から、改善すべき点などはありましたでしょうか。

最近はお客様企業でもBCMの概念や具体的なアクションが浸透、徹底されており、きちんとした地震対策、BCMへの取り組みがあることがベンダー(部品・部材供給会社)選定の条件にもなっています。1日でも半導体の納期が遅れると、お客様企業の製品生産にも大きな損害を及ぼしてしまいます。
そのリスクがMiC免震の採用により回避することができます。そして生産の継続性が私たちへの信頼感、富士通の競争優位性の源泉のひとつだということを再認識しました。

さらに、今回の地震で、実は大きく勇気づけられ、かつもっと配慮すべきと感じたことがあります。それは、様々なサプライヤーやライフラインの面倒を見ていただいている方々の、三重工場を守りたいという熱い思いでした。こちらからお願いするまでもなく、迅速に駆けつけ対応していただきました。そこで思ったのが、先にお話した地震発生時のメール配信の対象者を広げるべきではないか、ということです。
マスコミなどで発表する震度と現地の震度が違うこともあります。お客様に迅速かつ正確な情報をお知らせすることはもちろんですが、三重工場を支えていただいている方々との情報共有をしっかりすることが、三重工場へのさらなる信頼感や愛着を育むことになると強く感じました。
MiC免震

高度な微振動制御が可能な画期的な免震構法です。

富士通様の事業継続を支えるMiC免震の効果とは?ーその2ー

最先端の半導体工場で実証された中小地震での免震効果!富士通様の事業継続を支えるMiC免震の効果とは?


MiC免震や大成建設のBCP支援技術等へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。

  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷