TOP >> 耐震ネットの便利な使い方 >> セミナー受付メールにある参加証リンクがうまく表示されないときは
[issued:2006.05.19]

セミナー受付メールにある参加証リンクがうまく表示されないときは


anchor flag

セミナー受付メールにある参加証リンクがうまく表示されない場合は


 
 セミナー&イベントのコーナーにある、セミナーの申し込みをされた場合、イベントの種類によって参加証を発行させていただくタイプのものがあります。
その場合、参加証を再表示することができるように、受付後参加証表示のためのリンクが記載された「受付メール」を発送させていただいておりますが、このリンクがうまく表示されず
「URLにエラーがあります。
もう一度ご確認をお願い致します。」

のメッセージが表示される場合があります。


なお、セミナーへのご参加は参加証がなくとも
・お申し込み者の方のお名刺
・受付メールのプリントアウト
などでのご入場も可能としております。受付の際「うまく表示できなかった」等お申し付けいただければ幸いです。


メールソフトの仕様または設定等により暗号化したアドレスが改行され、URLジャンプの際に改行後の文字列が送信されない

メールソフトの仕様または設定等により暗号化したアドレスが改行され、URLジャンプの際に改行後の文字列が送信されない
(こちらの例では一連のリンク情報として認識されていないため、改行後の文字色が黒になっています。こうした表示はメールソフトにより異なります)

[原因]
□一部のメールソフト(特にWebメールの場合)の仕様で「?、&、*」などの記号を一連の文字として解釈しない場合があり、一連のリンク情報としての文字列を分断してしまう場合がある。(メールソフトによりこの記号は異なります)

□メールソフトまたは受信メールサーバー等の仕様、設定などにより自動改行等がなされていると2行目以降を一連のリンク文字列として認識しない場合がある。

□ブラウザを使用する「Webメール」等の場合、その設定または仕様により改行コードが挿入されてしまう


いずれの場合も、すべてのリンク情報がブラウザに自動転送されないため、URLのエラーとなってしまいます。
この要因につきましては、ご利用いただいておりますメールソフトの仕様やご利用環境によるところが大きく、システム側だけでは対処しきれないものとなっております。何卒ご理解の上、ご容赦願います様お願い申し上げます。

[対処]
このような場合は、下記の方法で表示することが可能です。
□これらの要因は、メールソフトからの自動リンク表示に、すべてのアドレス情報が転送されていないため発生するもので、手作業によりすべてのアドレス情報をブラウザに直接入力することで表示が可能になります。
 ・掲載されているアドレス全体を選択する
 ・右クリック等からコピーする
 ・ブラウザのアドレス欄にペーストし、リターンキー等で直接アクセスを行う
ことで、表示されます。
なお、この場合メールに「改行コード」等が挿入されていると、ペースト後のアドレスでは改行されていた位置に「ブランク(空白)」が挿入されている場合がある様です。アドレス文字列には「ブランク」は使用されておりませんのでで、上記の方法でうまくいかない場合はこちらもあわせてご確認ください。
すべての文字列をドラッグし、右クリック等でコピーします

手順1
すべての文字列をドラッグし、右クリック等でコピーします


コピーしたアドレスを、ブラウザのアドレス(URL)ウィンドウにペーストし、リターンキーでアクセスします

手順2
コピーしたアドレスを、ブラウザのアドレス(URL)ウィンドウにペーストし、リターンキーでアクセスします


お手数をおかけして、誠に申し訳ございませんが、メールからの表示がうまくいかない場合は、上記の手順をお試しくださる様、お願い申し上げます。
また、それでもうまくいかない場合は、お問い合わせボタンから、状況等をお知らせ願えれば幸いです。



  • お問い合わせ:セキュリティにプライベート認証を使用しているため、アラートが出る場合がありますがそのままお進みください。
  • メールマガジン:「コミュ二ケーション」にジャンプします。詳細をご覧の上お申込ください。

印刷